生サンマ
秋に食べたいのはやっぱり旬の生さんま!

今や冷凍技術が発達し、一年中おいしい解凍さんまが安く食べることができますが、旬のものを旬においしく食べるのはやっぱり格別です!

魚の調理が苦手なあなたも、さんまなら簡単に調理できますよ。調理のコツとおいしい塩焼の方法をご紹介します。

スポンサードリンク

生さんまはやっぱり塩焼き!フライパンでおいしく作るコツ

生さんまはやっぱり塩焼き!フライパンでおいしく作るコツ
新鮮なさんまは、お刺身にしても一夜干しにしてもおいしいですが、やっぱり一番は塩焼きですよね!

大根おろしとすだちを添えて、それだけで立派な和食が完成してしまいます。

でも、魚焼きグリルを使うと後片付けも面倒だし、グリルが魚臭くなってしまいますよね。我が家もIHクッキングヒーターなので、魚焼きグリルを使ってしまうとそのあとの掃除が恐怖でなかなか使えません・・・。

そんな時は簡単に、フライパンで塩焼きを作ってみませんか?

フライパンでも焦げ付かない、おいしい塩焼きにするテクニックはただ一つ。

さんまを捌いてお好みの量の塩を振ったら、フライパンの底にクッキングシートを敷いて焼く、たったそれだけです!今ではフライパンでの魚焼き専用のアルミホイルもあるのでそちらでも可能です。

注意したいことは、蓋をして焼いてしまうと蒸気でサンマがべちゃべちゃになってしまうこともあるので、蓋をして焼くときは外すときに大量の水滴がさんまに降り注がないように注意してください。おいしい塩焼きが台無しになる可能性があります。

焼いている最中に触りすぎないことも大切です。あまり何度もひっくり返すと身がボロボロになりますし、火の通りがいまいちになります。

さんまの塩焼きが余ったら、炊き立てご飯にさんまの身をほぐして、刻んだショウガや小葱と一緒に混ぜれば簡単さんまの炊き込みご飯風になります。ごはん全体に秋刀魚の味が行き渡って美味しいですよ!

スポンサードリンク

生さんまをおいしい塩焼きにする為には下処理をしっかりと!

生さんまをおいしい塩焼きにする為には下処理をしっかりと!
いくら新鮮だといっても、しっかりとした処理をしないと食べたと時に魚独特の匂いが残ります。

料理をおいしくするコツは、簡単に作ったとしても手間を惜しまないこと!料理は愛情です。食べる人の笑顔を思い浮かべて、もうひと手間プラスしてみましょう。

まずまな板の上に新聞紙を敷いて、その上にさんまを置きましょう。(こうすることでまな板が汚れず後片付けが楽ちんです。)

さんまの両面を包丁の背で軽くしごきます。鱗や汚れを取りましょう。強くこすりすぎると身が痛みますから、優しくしてくださいね。

内臓を食べない方は内臓を取ります。さんまのお腹側にある小さな穴に、包丁の先で切れ目を少し入れます。頭のえらの横を上側三分の二ほど切ります。

そのまま頭を引っ張るときれいに内臓が取れます。さんまの中の血合いを流水でさっと流します。

軽くキッチンペーパーで水けをふいて、さんまにお好みの量の塩を振ります。

ここで、塩が馴染んでいるタイプの塩焼きが好きな方は冷蔵庫で何時間かおいてから焼くと、全体に塩がなじみます。塩が浮いているタイプの塩焼きが好きな方は塩を多めに振ったらすぐに焼きましょう。

生さんまの塩焼きは内臓までおいしく食べる!

生さんまの塩焼きは内臓までおいしく食べる!
生さんまだからできる、内臓丸ごと焼き。大胆にさんまのすべてを味わうことのできる、昔から伝わる食べ方です。

新鮮な生さんまが手に入る時期でなくては食べられない正に旬の味です。

内臓には独特の苦みがありますから、小さい時に食べてトラウマになっている人もいるかもしれませんね。

内臓をおいしく食べるコツは添えてあるスダチとしょうゆをかけて混ぜて食べましょう。酒の肴にぴったりな味がしますよ!

サンマといえば日本酒という気がしますが、内臓の独特の苦みと風味は意外と赤ワインが合うんです。おしゃれですよね。

今までさんまの内臓を捨てていたという方は、勿体ないので是非今年は内臓丸ごと塩焼きにチャレンジしてみてください。

但し、さんまの内臓には寄生虫がいる場合がありますので、絶対に生や半生で食べてはいけません!しっかりと火を通して食べましょう。

まとめ

生さんまの塩焼き方法、意外と簡単でしたよね!面倒なイメージのある魚の調理ですが、初心者は簡単な下処理で面倒のないさんまから始めるのがおすすめです。

バーベキューのついでに、炭火でさんまの塩焼きもなかなかイケますよ!

食欲の秋ですから、今年の獲れたて美味しいさんまを丸ごと塩焼きにして、炊飯器が空になるほどご飯をいっぱい食べたいですね!

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です