1年の終わりに、心が躍るクリスマス。イルミネーションや雪景色の中、普段の慌ただしい時間を忘れられる1日ですよね。

優しさに寒さを忘れて笑顔をくれる、そんなカクテルがあるんですよ。

今年のクリスマスプレゼントは、優しく温かい時間。私からあなたへ、そんな時間に寄り添うカクテルの贈り物です。

スポンサードリンク

Tom & jerry<トム・アンド ジェリー>

Tom & Jerry参照元:jazzcocktail.sub.jp

クリスマスドリンクとして、アメリカイギリスでは定番のカクテル。このネーミングを聞くとネズミと猫の追いかけっこを想像してしまいますが(^^;

名前の由来は、19世紀末の名バーテンダージェリー・トーマスが考案したことから付いた名前なんです。

このカクテルの原型は古く、元々ロンドンでは、グロッグ(ラムのお湯割りに、スパイスを入れたカクテル)を豪華にしたのが始まりだとされています。

アメリカでは、禁酒法が成立する前から、このような飲み物は存在しているんですよ。

カクテルって、原型の飲み物があることが多くて、それをどうやったらもっと美味しくできるかな~、という所から考案が始まります。そして、新しいカクテルが誕生するんですね。

今、この瞬間にも、どこかのバーでは新しいカクテルが生まれているはず・・・(^^)お酒は、元々薬として飲んでいたという物も少なくないのですが、酔いたい人がドリンクとして改良し、カクテルになることも多々あります。

このカクテルも、少し近いところがあって、今でも風邪を引いたときに身体を温めるために飲むことも。いや~、人のアルコールに対する欲ってすごいですよね(^^;

ダークラムのクセの強い風味に、ブランデーのなんとも芳醇な香り、そして卵の優しい味わいが身体を温めてくれます。柔らかい口当たりに、身体を包み込むような香りが、幸せな時間を与えてくれそう。

スポンサードリンク

そしてポイントはナツメグ。これはスパイスとして良く使われるのですが、このナツメグの甘い香りが更に夢見心地にさせてくれるんですよ。

ちなみにナツメグは、昔から身体を温める効果があり、身体が冷えやすいこの季節にピッタリ。整腸作用なんかもあるんですよ。

ただ、使い方によっては幻覚がみえたり、トリップしてしまったりすることもあるので注意!用法容量を守って、正しくお使い下さい・・・。

窓の外の雪を眺めながら、家族と温かい時間を過ごす。まさにクリスマスにピッタリの1杯ですね。

receipt
ブランデー20ml
ダークラム20ml
卵1個
シュガーシロップ15ml
熱湯
ナツメグ

静かな夜に、心も身体も温めて、笑顔でベッドにもぐったなら、なんだか鈴の音が聞こえてきそうでしょう?

Irish coffee<アイリッシュ・コーヒー>

Irish Coffee参照元:www.wixbartenders.com.br

こちらも温かいカクテル。このカクテルは、アイルランド南西部にあった水上飛行場で、旅客機の乗客のために創案されたものです。

考案された1942年当時のプロペラ飛行艇は、後年の旅客器とは違い、暖房があまりよく効かなかったんです(><)そして、飛行艇が水上で給油する間、乗客は安全の為にボートで移動して、陸上待機しなければならなかった。

港の天気が悪ければ、飛行艇からパブのあるレストランまでたどり着くまで、更に凍えてしまうハメに!

そこで、待ち時間を利用して、乗客の身体を温めてもらおうという心遣いから、アイルランド名物のアイリッシュウィスキーをベースにした、このカクテルが考えられたそうです。

コーヒーの風味、ウィスキーの香りと旨み、そして生クリームの濃厚なコクが寒さを逃れた身体にホッと染み渡ります。

まさに、大人のカフェオレですね(*^^*)

冷たい空気の国での、温かいおもてなし。白い息に甘さと優しさが残ります。

自宅でも簡単に作れるカクテルなので、寒い夜にぜひお試しあれ!

receipt
アイリッシュウィスキー30ml
角砂糖1個
ホットコーヒー
ホイップクリーム

Snow ball<スノー・ボール>

Snow Ball参照元:book.geocities.jp

雪玉という名前のカクテル。ミルクセーキのような甘口に、優しい色合いで、混ぜるとキラキラした泡が雪景色のように美しいので、この名前がつきました。

材料に使われるアドヴォカートは、オランダ産の濃厚なクリーム状のリキュール。

卵黄香りの良いスピリッツ砂糖ブランデーと少しのバニラから作られています。南アフリカへ渡ったオランダの開拓移民の間で作られていた飲み物。

現地で彼らは、新鮮なアボガドをホイップしたものを使って濃厚な飲み物を作っていましたが、南国さんの果物である代わりに、卵黄を使って似たものを作りました。

このアドヴォカートの名前は、オランダ語のアボガドの実という意味。

そして、弁護士=アドヴォカートと言われるように、下が滑らかになり、柔らかくまろやかにしゃべる事が出来るようになるという説も・・・。

ふんわりと、甘く優しい香りと口当たりに、まるで贅沢なスウィーツを食べているよう。

キラキラと輝く雪景色のグラスを片手に、窓の外の雪を独り占めしているような、そんな気分になれますよ♪

receipt
アドヴォカート30ml
7up
もしくはレモネード

まとめ

寒い冬を乗り越えるには、温かい時間と温かい想い出が必要です。

家族と、恋人と過ごすクリスマス。時間を共有出来るカクテルが、みんなの時間を温めてくれますよ。

空を駆け下りてくる鈴の音が、みんなに幸せの時間をプレゼントにやってきますように・・・。

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です