i love music
数えきれないクリスマスソングの中で、日本人ならではの感情が詰め込まれたクリスマスの曲があります。

美しい鈴の音に、どんな想いが込められているのでしょうか?

日本では、クリスマスって家族より恋人を連想する事が多いみたい(^^;

スポンサードリンク

クリスマス・イブ~山下 達郎~

クリスマスの夜に、伝えたい気持ちがある。街のざわめきに背中を押されて勇気を持てた。そんな輝く街の中で、気持ちだけが取り残されてゆく・・・。

雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう。きっと君は来ない ひとりきりのクリスマスイブ。

心深く 秘めた想い 叶えられそうにない。必ず今夜なら 言えそうな気がした。

まだ消え残る 君への想い 夜へと降り続く。街角にはクリスマスツリー 銀色のきらめき。

silent night,holy night・・・

1980年代の発売された楽曲で、日本国内における売り上げが最も多いシングル。なんと現在でもクリスマスのシーズンにはチャートインしてくるんです(^o^)

今夜こそはと、彼女を待つクリスマスの夜。普段は持てない勇気もクリスマスなら・・・と思えるのはなぜなんでしょう。

冷たい雨の中、輝くクリスマスの街にたたずむ1人の男。

胸に秘めてきた想いを、今夜伝えられなければ、きっともう彼女を待つ事はしない。そう心に誓っていたのに、現れない彼女・・・。

望まないまま時計が回り、そして日付が変わる頃にはホワイトクリスマスになるんだろう。

きっと君は来ない・・・だからこれでおしまいだよって分かっているけど、止まない雨のように想いも消えてはくれないよ。

キラキラのイルミネーションの中で、幸せな笑顔と笑い声の中、自分の想いだけが取り残されてゆく。

切ない気持ちが、クリスマスの街で場違いのように涙を流す。

静かな静かな、クリスマスの夜・・・・。

クリスマスキャロルの頃には~稲垣 潤一~

近すぎて見えなくなる、そんな気持ちを確かめたくてクリスマスまでの時間をどうやって過ごすかを考えてみたい。

クリスマスに心のわだかまりは無くしておきたいから・・・。

この手を少し伸ばせば 届いていたのに 1mm何か足りない 愛のすれ違い。

クリスマスキャロルが聞こえる頃まで、出逢う前に戻って もっと自由でいよう。何が大切なのか1人で考えたい。

近すぎて見えない支えは 離れてみれば分かるらしい。

クリスマスキャロルが流れる頃には 君と僕の答えもきっと出ているだろう。誰を愛しているのか今は見えなくても

秋元康の作詞で、男の視線でクリスマスまでの想いを歌います。

必要だと思っている人は、君だと分かっているのに、愛しているのか分からない!?倦怠期の恋人同士には、お互いの存在を見つめ直したい時があるんです。

ずっと一緒にいれば、自分の心の支えであるし、それが当たり前になってしまう。

クリスマスは、幸せな気持ちで過ごしたいから、それまでに2人の関係を考えたい。男の勝手な申し出ですね。

スポンサードリンク

相手に対する甘えやワガママに、自分自身が嫌になってる時だってある。受け入れてくれる彼女に感謝をしているはずなのに。

だから、出逢う前の1人の自分に戻って、君が大切な人なのかどうかって確かめたい。

愛してるっていう気持ちは確認するには難しい気持ちなもの。は刺激とトキメキで胸がザワザワするものだけどっていうのはもっと身近であるものですから。

僕には君が必要かな?って確かめたいから、離れてみよう。そうして確かめた答えは、もう2度と確認する必要は無く、クリスマスキャロルは寄り添って2人の温かい空間の中で流れているんでしょうね♪

恋人はサンタクロース~松任谷 由美~

幼い頃に思い描いていた楽しいクリスマスは、大人になれば違う楽しみに変わるもの。大人になるって、悪くないよ。

昔となりのオシャレなお姉さんは クリスマスの日私に言った。今夜8時になればサンタが家にやってくる。

違うよそれは絵本だけのお話そう言う私にウィンクしてでもね、大人になればあなたも分かる そのうちに

あれからいくつ冬が巡り来たでしょう。今も彼女を思い出すけど ある日遠い街へとサンタが連れて行ったきり。

恋人がサンタクロース、本当はサンタクロース つむじ風追い越して。

恋人がサンタクロース、背の高いサンタクロース 私の家に来る

昔々あるところに・・・みたいな、童話の始まりみたいな歌い出し。胸が躍るストーリーにドキドキしますね。

お姉さんが、幼い主人公に教えてくれたクリスマスの秘密♪子どもの頃には分からなかった、あの夜のサンタさんの正体は、今だったら分かるよ。

そしていくつものクリスマスを重ねた今夜、主人公にもサンタさんがやってきます。今か今かと待ちわびている時に、フッと思い出したお姉さんのサンタクロース。

そうか!恋人がサンタクロース(*^^*)

そして、主人公は街で出逢った少女に、同じお話をするでしょう。これからサンタさんが来るのよってね。

そうして意味ありげにウィンクして、大人になった少女がこのお話を思い出す・・・。素敵な夜の贈り物は、誰が運んで来てくれるでしょうか?

おとぎ話のようなクリスマスに、すべての女性が幸せに包まれますように。

まとめ

日本でのクリスマスソングは、外国のに比べると少し切なさを感じる歌が人気があるような気もします。

外国のクリスマスは、ハッピー!ハッピー!だけど、日本のクリスマスソングはクリスマスな・の・になんだか気持ちが浮かれられない。

哀しさや切なさを美しいと感じる日本人が好みなのは、このような切実な気持ちなのかもしれませんね。

みなさんの思い出のクリスマスのBGMは、決まりましたか?素敵なクリスマスを過ごして下さいね♪

**歌詞は、私の解釈で省略させていただいております。ご了承下さいませ**

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です