オール電化のアパート、冬の北海道の電気代は?暖房器具
一人暮らしを始めてみると、意外と頭を悩ませるのが光熱費です。毎月同じ金額なら計算も楽ですが、季節によって変わる光熱費、何とか節約したいですよね。

特に冬は暖房費がどのぐらいになるのか、考えるだけでもぞっとしてしまいます。

でも黙っていても光熱費は下がりません!徹底比較で、光熱費や電気代を下げつつ効率よく暖まれる暖房器具を購入しましょう!

スポンサードリンク

暖房器具として効率が良く、電気代や光熱費を抑えられるのはどれ?

暖房器具として効率が良く、電気代や光熱費を抑えられるのはどれ?
関東以南に住んでいる方なら、一番暖房費を安く済ませられるのはエアコンです。

エアコンというと電気代が高くてあまり暖まらないイメージがありますが、古い型のエアコンでも暖房費を抑えつつ十分な暖かさがあります。

一人暮らしで、仕事のある日は家には寝るだけに帰っている・・・という方なら特に、新しく暖房器具を買い揃えるよりも元々設置されているエアコンを使う方が断然安く済みます。

とは言っても、エアコンは冷房よりも暖房として使うほうが電気を使用しますから、電気代が夏のエアコン使用時よりも高くなることは覚悟しておきましょう。

東北や北海道の寒い地域に住んでいるなら断然お得なのは石油です。

特に、灯油価格が落ち着いて安くなっているときは、ワンルームなら石油ファンヒーター1つあれば安心でしょう。灯油はポリタンク1つ満タンにしておけば、半月ぐらいは持つかもしれません。通常のポリタンクを満タンにしても1500円ほどですから、ファンヒーターを稼働させる電気代を考えても、こちらのほうが他の暖房器具より暖かさもお得さも群を抜いて勝っています。

北海道なら元々部屋にFF式石油ストーブが設置できるようになっている所も多いですね。ですが、小さいストーブでも何も考えずにを使っていると、後で灯油代として結構な金額の請求が来るかもしれません。半袖で過ごせるほどに室温を上げてアイスを食べたいという気持ちも解りますが、暖房費を抑えるためには避けたほうが良さそうです。

この暖房器具なら、電気代も安いしすぐに暖まる!

この暖房器具なら、電気代も安いしすぐに暖まる!
エアコンが電気代において一番効率がいいのは解りましたが、デメリットとしては部屋がすぐに暖まらないということがあります。

暖かい空気を循環させて部屋を暖めるのですから、やはりそれなりに時間が掛かってしまいます。

寒い真冬にそんな気の長いことを言っていられない!すぐに暖まりたい!でも電気代がかさむのは嫌!という方にぴったりな暖房がこちらの3つです。

スポンサードリンク

カーボンヒーター
電気もあまり使わずに局所的に暖めてくれます。部屋全体を暖めることには向いていないので、部屋が暖かくなるまでとりあえず何とかしたい時に役立ちます。 本体もそんなに高くないので気軽に買えますし、スリムなものが多く設置場所も取りません。
こたつ
部屋にこたつさえあれば、そこから動かなければ暖かいです。点けてすぐに暖まりますし、意外と電気を使いません。 流石に長時間使用すると電気代がかさみますが、部屋が暖まるまでの間に使う分には気にならなそうです。 デメリットは場所をとることです。ベッドを置いてこたつを置いてしまうと、ワンルームならそれだけで部屋が埋まってしまう可能性もあります。
電気ブランケット
春や秋のあまり寒くない時期ならこれで乗り切れそうな気もします。ご飯を食べてる間や、お風呂上りなど体が冷えやすい時に膝にかけておくだけでも結構暖かいですよ。

暖房器具としてはおすすめでも、光熱費がかさむもの

暖房器具としてはおすすめでも、光熱費がかさむもの
暖める機能は優れていても、如何せん光熱費がかさんでしまうものもあります。

知らずに購入して使用していると、翌月の電気代請求がものすごい額になっていたりします。光熱費を安く抑えたいなら避けたい暖房器具は以下のものです。

ハロゲンヒーター
とっても暖かく、遠赤外線効果で体の芯まで暖めてくれる優れものです。ですが長時間使用すると電気代が跳ね上がります。 一時間当たりの電気代は400Wで約10円、1200Wで使用すると約31円となります。1200Wで毎日一時間つけているだけでも単純に900円以上電気代が上がってしまいます。
オイルヒーター
こちらは火を使わないので一人暮らしでも安心して使える暖房ですが、ハロゲンヒーターと同じぐらいの電気代が掛かります。 とても暖かいですし、もしうっかり点けたまま寝てしまっても火事になる恐れもない優れものですが、光熱費を安く抑えたい方には向きません。 実家にあったから貰ってきた!なんて方も多そうですが、電気代が怖くて結局使わない・・・ということになりそうです。

まとめ

一人暮らしなら、暖かさや光熱費だけではなく安全面も考慮して一番いいのはエアコンのようですね。

しかし、部屋全体が暖まるまでに時間がかかるので、補助として電気ブランケットやカーボンヒーターを使用するのが良さそうです。

このようなコストパフォーマンスの良い暖房器具があれば、一人の夜も暖かく過ごせそうですね!

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です