電力自由化
今年から始まった電力自由化ですが、一時期はメディアでもよく特集が組まれていましたが最近はさっぱり耳にしなくなりましたね。

結局のところ、電力自由化って何だったのか未だにいまいち解らない・・・といった方も多いのでは?

特にオール電化住宅では、生活にも家計にも影響があるこの話題、しっかりと知識を深めておきたいところですよね。

今回は、オール電化住宅での電力自由化について調査しました。

スポンサードリンク

電力自由化でオール電化の今後はどうなる?

電力自由化でオール電化の今後はどうなる?
電力自由化は、一言でいえば電気を好きなところから買えるようになったということです。

とはいっても、今までは選びようがなく住んでいる地域ごとに決まっていた電力会社について、詳しく知っている人は殆どいません。

電気がどうやって作られて各家庭に運ばれているのかも、考えたことありませんよね。

今までと同じ大手の会社じゃないと停電が起きるんじゃないか、とは誰しもが不安に思うところです。

新規参入した会社が潰れたら、もう電気は来なくなるんじゃないか?といった不安の声も聞こえてきます。

今の制度では、電気を送る送電線は今まで通りに使えるのということと、新規参入の会社が電気を送ることができなくなった場合はすぐに今までの大手電力会社が送電を引き受けるということなので、停電の心配はありません。

会社が潰れてしまったとしても、自動で元の大手電力会社へと契約が切り替わるそうです。

と考えると、結局変わらない可能性もある中で、ものすごく電気料金が安くならない限りは、電力自由化といっても契約を変える必要性を見いだせないという人も多いと思います。私もそう思います。

特にオール電化住宅だと、生活にかかわることのすべてを電気で賄っているわけですから、あえてリスクを冒すこともないような気もしますね。

スポンサードリンク

電力自由化でプランの比較!オール電化でメリットのある契約は?

電力自由化で電気代が安くなる!としきりにメディアでやっていましたが、本当に電気代は安くなるのでしょうか?

電気代が安くなるどのモデルケースも、オール電化ではなかったような気がします。

実際に、電気代とガスがセットでお得!灯油配送を契約すると電気代がお得!など、電気だけではなくほかのエネルギーも使うことが前提のセット割引が多いのです。

ちょっと調べてみたところ、地域によって多少の差はあるものの、オール電化住宅の場合は、新電力に変えるとかえって電気代が増えるケースが多いようです。

酷いところだと、月々の電気代が5000円も上がる場合もあるようです・・・。

そんな中で、九州だけは新電力でもオール電化に対応した割引契約をしてくれるところがあるようです。

九州の皆さんは、新電力の会社に問い合わせて、電気料金を試算してみるといいかもしれませんね。

電力自由化でオール電化に使っている太陽光発電はどうなる?

電力自由化でオール電化に使っている太陽光発電はどうなる?
さて、ここで気になるのが新築の時に導入した太陽光パネルの存在です。

オール電化なら太陽光パネルを設置しても、売電で元が取れる!と背中を押されて太陽光発電のパネルを設置したご家庭も多いと思います。

新電力に変えてしまったらもう売電できないの?と思ってしまいますが、真逆のようです。

ほとんどの新電力の会社は、電気をたくさん欲しいと願っています。例えそれが安定していない、家庭での余剰電力だとしても買い取りたいと思っているようです。

その証拠に、殆どの新電力会社が、大手電力会社よりも高値で余剰電力を買い取ってくれます。

使用する電気代がどの程度上がり、売れる電気がどのくらいなのか、そのバランスによっては新電力への乗り換えも検討できるかもしれません。

電力自由化が決まってからというもの、郊外の空き地には沢山の太陽光パネルが設置されるようになったのを見ますから納得ですね。

これから先、どんどん新電力に乗り換えていく人たちが増えるにつれ、電力会社も今よりもっと電気を必要とします。つまり、この先もっと売電金額が上がる可能性も秘めているということです。

今すぐに乗り換えをしなくても、少し様子を見てみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

人間は、毎日の生活の中で、電気がないと何もできないといっても過言ではありません。

ほんの少しの節約になるからといっても、後先を考えずに電力会社を変えてしまうのは得策とは限りません。

特にオール電化住宅の場合、自分だけで決めようとせず、家族にも相談してじっくり考えてから乗り換えるのがおすすめです。

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です