紫外線対策
日差しが強くなってくれば、当然暑さで露出も多くなります。紫外線・・・気になりますよね。

うっかり日焼けしてしまった!!しかも肌が赤くなってヒリヒリするよ〜。これって何か皮膚に問題があるのかな?どうして自分は日焼けで肌が赤くなってしまうんだろう。

自分の肌のことですから、気になりますよね。なぜ日焼けで肌が赤くなってしまうのか。問題の解決を考えてみましょう。

日焼け後のケア・・・赤い肌はどうしたらいい?

日焼け後 ケア 赤い
太陽の下、楽しい時間を過ごしたら・・・肌が真っ赤に日焼けしてしまった!!なるべく早く元の状態に戻したいけれど、日焼けの後にはどのようなケアをしたらいいの?

日焼けの後も痕が残らないようにキレイな肌に戻すための対処方法を教えちゃいます♪

肌が赤く日焼けをしてしまった場合には、まずはとにかく冷やすことです!なるべく日焼けをしたその日のうちに行って下さい。

背中や肩などの広い範囲であるならば、冷たいシャワーで全体を冷やしましょう。氷水で十分に冷やしたタオルで赤みがかっている部分に当てるのも効果的です。

顔や手足など1部分がひどく日焼けをしている場合には、保冷剤や氷を入れた袋などで冷やします。

日焼けをして時間がたつと、皮膚の表面の水分が少なくなってきます。身体の内側からたっぷり水分を補充することを心がけて下さい。

荒れた肌には、肌に優しい化粧水や、水分を保つ保湿剤などで肌を刺激から守ってあげましょう。肌質によって効果が変わってくるので薬局などで相談して化粧水などを選ぶようにしましょう。

化粧品でのケアは、肌を冷やしてから行うのが正解!やけど状態の肌には刺激が強すぎる事があり、炎症を悪化させる可能性もあります。

日焼けをした箇所の熱が取れるまで、しっかり冷やしておきましょう。

元の健康な肌に戻すためには、炎症が治まり肌が生まれ変わるのを待つことです。そのときに必要な栄養はビタミンA・C・Eが効果的です。

栄養素 多く含む食材
ビタミンA(βカロチン) にんじん・かぼちゃ・ほうれん草など
ビタミンC じゃがいも・ブロッコリーなど
ビタミンE ナッツ類・大豆など

これらの栄養素を積極的に摂取しながら、肌の回復を待ちましょう。元の肌の状態に戻るまでは、新しい日焼けをしないように紫外線は出来るだけ浴びないように気をつけて下さい。

そもそも、日焼けで赤くなる人と黒くなる人に違いはあるの?

日焼け 赤くなる 黒くなる 違い
同じ時間、同じように外にいるのに人によって日焼けの後に違いが出てくる事があります。簡単に言うと「肌が赤くなる人」と「肌が黒くなる人」ですね。

この違いは、紫外線を浴びたときの影響がどのくらい大きいかの違いなのです。敏感な肌の人ほど同じ紫外線でも受ける影響は大きくなります。

紫外線感受性が高い人は、肌が赤くなり黒くなりにくい。中くらいの人は、赤みをおびた後に黒くなります。感受性が低い人はすぐに黒くなります。

肌がすぐに赤くなるからといって、皮膚が黒くなりにくい・・・というワケでもないんですね。少し詳しく説明します。

日焼けには「サンバーン」「サンタン」という2つのパターンがあります。

「サンバーン」の特徴は、肌が赤くなったりヒリヒリしたり、痛くなったり、水ぶくれをする症状が出ます。

赤くなってしまう原因は、太陽の光(紫外線)によって肌の細胞が傷ついてしまうからです。元々肌が弱かったり、色白の人は紫外線の耐性が無く、防ぎきれずに影響を受けやすいので結果、細胞が傷つきやすくなってしまいます。

「サンタン」の特徴は、赤みやヒリヒリ、痛みがなく、ただ肌が黒くなります。

黒くなってしまう原因は、紫外線から肌を守るためにメラニンを大量に生成するからです。メラニンはシミの大敵!!と思われますが、本来は紫外線を吸収して皮膚を守る働きをするもの。しかし、メラニンが多くなりすぎると肌に残ってシミになってしまうんですね。

元々肌が黒い人は、紫外線耐性が強いので、赤くなったりしないで黒くなるんです。

スポンサードリンク

まとめると・・・

赤くなる人
肌が白い人に多く、肌細胞に傷がついて赤くなる。肌を守るメラニンの生成が遅く、耐性が低いため、赤くヒリヒリと痛みが出る。
黒くなる人
肌が黒い人に多い。メラニンの生成が早く、耐性が強いので痛みなどは無く黒くなる。

ということです。なんだか黒くなる方が肌にいいんじゃない?と思ってしまいがちですがメラニンの過剰生成はシミ・ソバカスなどの肌トラブルの元!紫外線を浴び続ければ、肌の老化が進行してしまいます。

日焼けはやけどと言うけれど皮膚科に行くのは大げさ?

日焼け やけど 皮膚科
自宅でのセルフケアでは自信がないけれど、日焼けで皮膚科に行く程でもないか・・・・。と思っていませんか?

日焼けはヤケドと一緒です。本来ならば皮膚科を受診して治療するのがベストなんです。ひどくなると、痕が残ってしまうこともあります。

日焼けのイメージは、遠赤外線でじっくりと焼いているような状態。ひどい日焼けをしてから、しばらくすると痛みが無くなってかゆくなり、皮膚がむけてきます。これは死んだ皮膚がかさぶたになって取れてくるということです。

初期段階の日焼けでは、皮膚の表面がヒリヒリする程度のヤケドで1週間ほどで自然に治ります。この初期段階を越えた症状になると、皮膚の深い所まで炎症が起こっているので、痛みが強く水ぶくれが起こります。

回復には1〜2ヶ月もかかり、色素が沈着してしまうこともあります。

日常生活の中で、ヤケドをした時、すぐに冷やしたり薬を塗るなどの処置をするように、日焼けもすぐに処置を行う必要があります。

気になるからといって。水ぶくれを潰してしまうのは絶対にNG!!そこから細菌が入り込んで痕が残りやすくなってしまいますよ。

日焼けをした後にまず必要なのは、肌を冷やすことですが、しっかりと冷やした後に皮膚科へ行くことをお勧めします。

皮膚科を受診した場合、肌の状態に合わせて、飲み薬・塗り薬、またヒリヒリした状態で直接肌に触れる事ができない状態のときはスプレータイプなどの薬を処方してくれます。

年齢を重ねて肌の老化が進んでしまう時に、このようなちゃんとした処置をしていないと昔の日焼けの痕に悩んでしまう事になるかもしれません。

健康な肌を取り戻す為にも、ひどい日焼けをしてしまったなと感じたら皮膚科へ行って相談してみて下さいね。

まとめ

日差しが強くなり、洋服も薄着になって開放感のある季節。いっぱい外で楽しみたいですよね。

日焼けも、そんな想い出のひとつ・・・ですが、きちんとした情報を知る事と処置も行う事を忘れずに!キレイな肌を何年も保っていたいと思うのであれば、今からでも肌を大切にしてくださいね。

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です