胃の鈍痛が続く原因|胃痛でも断食はNG!?正しい食事法

胃の鈍痛が続く

胃の鈍痛が続く
何かを食べ過ぎた?ストレス過多になった?何かに当たった?原因は分からないのですが、胃の鈍痛が長く続いてしまうことってありますよね。

1日~2日くらいで収まるなら良いのですが、数日続くと不安になってしまいます。

そこで、胃の鈍痛が続く原因として考えられている症状をまとめましたので参考にして下さい。

ただし、あくまでも参考情報のまとめですので、症状が改善しない場合は必ず病院の診察を受けるようにして下さいね。

スポンサードリンク

胃の鈍痛が続くのはなぜ?

ギリギリ、あるいは、ズキズキと胃が痛みつづけるのはとにかくツライものです。

一般的に胃の鈍痛が続く代表的な原因をご紹介します。

過度なストレス

人は、ストレスがかかると自律神経に異常をきたし、胃腸が不調になることがあります。 例えば、「緊張」というのもストレスの一種ですが、緊張するとお腹が緩くなる人っていますよね?

暴飲暴食

暴飲暴食をして、胃にいきなり過剰な負担をかけることにより、消化不良を起こし、胃の機能を低下させてしまうことで鈍痛を招くことがあります。

急性胃炎

鈍痛と下痢が同時に発生した時に疑うべき症状で、胃の粘膜が損傷して発症する病気です。辛いものなどの刺激を摂り過ぎたり、ストレスをかけ過ぎたり、風邪薬や鎮痛剤を飲むと起こる場合があるそうです。

胃潰瘍

胃酸が何らかの原因により胃壁を消化してしまい起きてしまう現象です。これに伴って鈍痛が続くこともあります。胃潰瘍だった場合は、早くお医者さんに診てもらわないと十二指腸炎や胃癌の発生リスクを高めてしまうケースもありますので、急いで病院に行きましょう。

逆流性食道炎

もし胃の鈍痛と共に胸焼けや息苦しさ、背中の痛みがあるようでしたら、逆流性食道炎の可能性があります。脂肪が多い食事ばかりしていたり、姿勢が悪い人や太っている人に発症しやすいので、一度健康状態を見直してみることを推奨します。

スポンサードリンク

胃痛だからと言って断食はNG

胃が痛いと、胃の調子が治るまで断食しようと思われる人も多いです。

しかし、断食はやめた方がいいです。

なぜかと言うと、胃が痛い時というのは、大抵が胃液過多で通常よりも胃の中に胃酸が多く分泌されるようになっているためです。胃の中に何も無いと、胃酸は胃を消化し始めますので、症状は悪化します。

ですから、胃が痛い時の断食はやめるようにして、何かを口に入れるようにして下さい。とは言っても、それができないから苦しいわけですが。。。

そんな時は、プチ断食をオススメします!

プチ断食を実践して胃を休めよう!

プチ断食とは、1~3日間という超短期間の断食のことで、ファスティングという言葉でメディアでもたびたび特集されています。最近は、多くの芸能人も採り入れている人気の断食スタイルなので、あなたもご存知かもしれません。

プチ断食であれば、本格的な断食と違って短期間で終了するため、胃酸が胃液を傷つけることもありませんし、胃腸が元気に回復したり、便秘が解消されるなどメリットがいっぱい。

とは言え、断食なので基本的には何も食べないため、栄養補給は必須です。

そこで、弱った胃腸に負担をかけず、しっかりと栄養を補ってくれる栄養素として今一番注目されているのが酵素です。

酵素とは、簡単に言うと、栄養素の消化・分解・吸収を助け、体内でエネルギーを生み出したりするための様々な化学反応を起こさせる、無数の重要なタンパク質の総称です。

酵素の働きが弱ると、体力がガクンと落ちたり、太ってしまったり、老化が進んでしまう可能性が高まるなど、リスクの方が大きくなってしまいます。

ですから、胃が痛くてプチ断食をしている最中であったとしても、酵素だけは補給しましょう。

胃に負担をかけずに酵素を補給するには、酵素ドリンクが良いです。

酵素ドリンクは現在、様々な種類の商品が各メーカーより販売されていますが、断食を手助けする目的で開発された酵素ドリンクは1つしかありません。それがこちらの優光泉です。

優光泉の最大の特徴は、完全無添加の野菜・果物・海藻などの栄養素がたっぷり入った、原液100%のドリンクである、という点です。保存料や着色料、香料などは一切入っていません。

その証拠に、優光泉の原材料ラベルには以下の通り、植物と野菜しか書かれていません。

大根・キャベツ・ニンジン・トマト・きゅうり・じゃがいも・さつまいも・パイナップル・里芋・かぼちゃ・れんこん・ごぼう・昆布・レモン・リンゴ・山芋・生姜・パパイヤ・スイカ・メロン・あんず・もも・いちじく・キダチアロエ・スギナ・ヨモギ・菜の花・あけび・かりん・イチゴ・しいたけ・まくわうり・とうがん・せり・みつば・もやし・クマザサ・ぶどう・ぐみ・キウイ・梅・びわ・きんかん・つわぶき・柿の葉・しそ葉・米・大豆・小豆・はとむぎ・粟・キビ・松葉・杉葉・檜葉・松樹液・杉樹液・檜樹液・すもも・わかめ

とは言え、どれくらい栄養価があるのかイマイチ分かりにくいかもしれませんね。

例えば優光泉の場合ですと、コップ1杯バケツ1杯分野菜の栄養素があります。さらに、酵素ドリンクは基本的に飲み物ですから、胃に全く負担をかけません。ですから、プチ断食時の栄養補給にピッタリなんですね。

下手な野菜ジュースを飲むよりも、酵素ドリンクを飲んだ方がよっぽど健康にいいというわけです。

でも、良薬口に苦しということわざにもある通り、身体に良いモノは得てして不味いのが相場です。ただ、優光泉の場合は、フルーティーな味わいにも関わらず甘すぎないので喉が乾くことも無いし、むしろ美味しい!と好評価です。

優光泉は、ファスティング(断食)のプロフェッショナルとして、ご自身でも断食道場を運営されている方によって開発・監修された商品ですから、安心して断食と併用できます。

定価は9,000円ですが、初回のみ6,300円と手が届く価格まで落ちていますので、一度試されてはいかがでしょうか?

優光泉を使ってプチ断食して胃の機能が回復してきたら、徐々に通常の食事に戻していきましょう。

とは言え、いきなり通常の食事に戻すと胃がビックリしてしまいますので、プチ断食後に徐々に口に入れても良い食事を御案内します。

胃痛の時に食べてもいい食事

プチ断食から回復したての時、やはり胃の調子は通常時よりは悪いので、消化負担が少ないものを食べるようにしましょう。

牛乳

牛乳は胃への負担がほとんど無い上に胃液の分泌を抑えたり、胃壁を守ってくれる役割が期待できますので、積極的に飲まれることをオススメします。

大豆商品

良質な植物性タンパク質を多く含む納豆や豆腐、味噌などの大豆関連商品もオススメです。胃痛回復のカギはタンパク質にあります。

良質なタンパク質を補給することで、胃が早く回復できますので、こうした食品を摂取することをオススメします。

上記のような食事を中心に、最初は少なめに摂取するようにして下さい。

逆に絶対に摂取しない方が良い食事ですが、脂肪の多いお肉や、消化に時間のかかる食物繊維、ハムやソーセージなどの加工食品は胃に負担をかけますので控えましょう。

また、しっかり噛んで飲み込むようにして下さい。ほとんど噛まずに飲み込んでしまうと、胃の消化負担が大きくなってしまいます。

最後に、食べ過ぎには注意。

まとめ

胃の鈍痛が長く続くのは本当にツライですよね。

まずはお医者さんに診てもらうことが先決。そして、大きな病気ではないことが分かったら、処方箋を正しく服用しつつ、少しずつ食事を摂って一日も早く治るように頑張って下さいね♪

そして、胃の痛みが回復したら、これを機会に2週間に一度くらいの頻度でプチ断食を実践して、胃をいたわる習慣を付けられてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です