インフルエンザ 予防接種
毎年変わるインフルエンザの流行型。数年前は香港A型なんていうのもありましたね。それにB型、更には近年新型インフルエンザも登場してしまい、結局どうすればインフルエンザに掛からないのか冬の悩みの種ですね。

インフルエンザに罹ると仕事も強制的に休みにされてしまいます。年末のかき入れ時に困らないために、予防接種と予防方法について知識を深めて実践しましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種、接種回数は?

インフルエンザの予防接種、できる限り家族全員で受けよう!
基本的に、成人のインフルエンザ予防接種回数は1回です。

しかし、数年前までは年明けから三月までがピークだったインフルエンザも、近年では年前から五月ごろまで流行が衰えず、一度の予防接種では防ぎきれなくなってきています。

一度の予防接種での効果は、接種1か月後から4か月ほど。

つまり、10月に予防接種を受けたとして、11月から効きはじめ、3月に効果が切れてきます。こうなると、春先のインフルエンザには対処しきれません。

成人でも希望すれば予防接種は2回できますから、年度末年度初めのインフルエンザを避けたい方は10月に一度受けて、12月ごろにもう一度受けましょう。

注意したいのは、インフルエンザのワクチンは例年年明けになると在庫が少なくなる傾向があり、年明けに予防接種を受けようと思っても断られる場合があります。

もし可能ならば、一度目の予防接種の際に二度目の予約を入れておきましょう。病院によっては大人の二回接種をワクチン在庫数の関係で断るところもあります。事前に確認が必要です。

インフルエンザの予防接種、本当に効果はあるの?

インフルエンザの予防接種、本当に効果はあるの?
近年まことしやかに囁かれている、「インフルエンザ予防接種は意味がない」説。

予防接種も無料では受けられませんから、本当に効果がないのだとしたらお金を無駄にしているのだろうかと不安になりますね。

実際に、一歳未満の乳児には効果がありません、とされていて接種が推奨されていなかったりします。

インフルエンザワクチンの効果、本当のところを調べてみました。

スポンサードリンク

乳児にワクチンは意味がない理由

乳児はまだ免疫機能が十分に発達していないため、ワクチンを接種しても上手にインフルエンザに対する免疫が作られません。

その為、インフルエンザの予防接種は推奨されていないようです。

子供は二回接種が原則はなぜ?

成人は一度で終わるワクチン接種も、子供は二回必要です。

子供は一度ではワクチンが定着しないことがあるそうです。二回接種すると予防効果がかなり高まります。

予防接種しても感染するなら意味がない?

インフルエンザは予防接種しても感染します。これは予防接種の効果が無いからというわけではありません。

その理由は、毎年一番流行するインフルエンザ型を予想してその年のワクチンを作りますが、ワクチン以外の型のインフルエンザに感染してしまうことがあるのです。

もし、ワクチンと同じ型のインフルエンザに感染してしまった場合は、ワクチンの効果により症状がとても軽く済みます。

つまり、インフルエンザワクチンの効果はある程度期待できるので、接種しておいたほうが安心ということですね。

インフルエンザを予防する効果の高い民間療法とは

インフルエンザを予防する効果の高い民間療法とは
予防接種だけでは防ぎきれないインフルエンザ、がっちりガードしたいなら民間療法がおすすめです。

おばあちゃんの知恵袋的なものばかりですが、以外にも効果の高さを証明されていたりするので馬鹿にできません!

おしゃれにアロマオイルで殺菌
毎日の仕事で疲れ切っている心と体に一服の清涼剤。アロマオイルはストレスも軽減してくれますが、ウィルスにも有効です。

特に殺菌作用の強いティーツリーがおすすめです。

加湿器にアロマオイルをセットすれば、喉の加湿と殺菌のダブル効果で予防できます。

冬のミカンは万病を避ける
冬といえばこたつでミカン。これには意味があるんです。

みかんに豊富に含まれているビタミンCは、風邪だけではなくインフルエンザも予防します。

おいしくヘルシーに健康を保てるなんて最高ですよね。ビタミンCは美肌にもいいですし、働く女性の強い味方です。

最近話題のヨーグルト
乳酸菌は万能なのでしょうか。花粉症予防、便秘改善、さらにはインフルエンザ予防までこなします。

乳酸菌がインフルエンザを予防する理由は、体の内側から免疫力を高める作用にあります。

人間は大腸の調子がいいと、免疫機能がフルに働きます。逆を言えば、悪玉菌だらけの弱った腸は、病気を呼び込んでしまうのです。

さらに、最近では乳酸菌を増やす乳酸菌や、胃酸で解けずに腸で増える乳酸菌など、研究によってさらに高性能のヨーグルトが出ています。

美容やダイエットだけではないヨーグルトの活用法、ヨーグルトが好きな人には一石何鳥にもなる予防法ですね。

まとめ

なんといってもインフルエンザが大好きなのは、乾燥した冬の空気です。

いつでも空間を加湿するのはもちろん、ウィルスの入り口である粘膜をしっかりと加湿・保護し、油断せずきちんと予防接種を受けて万全を期しましょう!

健康な毎日は自分で作っていくものです、自分だけは大丈夫と高を括らないことです!

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です