自転車用 グローブ
木枯らしが吹きすさぶ中でも、趣味や通勤に大活躍なのが自転車ですね。

車と違ってガソリンも使わないしエコでもある、そして健康にもいい素敵な移動手段です。

しかし、寒くなってくるとしっかり防寒対策雪道対策をしておかないと、大きな事故にも繋がりかねません。

今回は、寒くなってきたら必要になる、自転車用防寒対策についてご紹介します。

スポンサードリンク

自転車用グローブは冬の必須アイテム!

自転車用グローブは冬の必須アイテム!
自転車に乗る時、手に感じる寒さはとても辛いですよね。

自転車に乗るときの手袋は、自転車専用のグローブを選んで使ったほうが安全です。

一見するとスキー用の防寒手袋にも似ているので、同じようなものだろうと間違って買ってしまうと、自転車の操作を間違ってしまうということもあるかもしれません。

その理由としては、スキー用などの防寒手袋は、手先を使うことを想定して作られていません。しかし、自転車はハンドルやブレーキ操作などで手先を動かすことが必要となりますよね。

なので、動かしづらいスキー用のグローブでは、自転車の事故に繋がる可能性もあるのです。

危険なので、特に毎日の通勤に自転車を使っている人は専用のグローブを使ってくださいね。

グローブをしてても寒くなってきたら、自転車用のインナーグローブもあるので、両方あると寒さの厳しい地方では安心ですね。

履いたままスマホ操作ができる優れものもあります!

冬の北海道で必要な自転車装備とは

冬の北海道で自転車に乗る人なんているの?とは北海道外に住む方ならだれもが疑問に思ってしまうことかもしれません。

ですが、結構いるんです。

もちろん、これから冬の北海道で自転車に乗ろうとしている方も、冬の北海道をマウンテンバイクでツーリングしようとしている方も必見の装備がこちらです。

冬の北海道で必要な自転車装備とは
下着類
いくら外は寒くても、自転車をこぎ続ければ自然と汗をかきます。

汗をかくと後で寒くなって、体調不良を起こしてしまうこともあるので、インナー選びは慎重にしましょう。

吸湿速乾系のインナーが一番いいと思います。

汗に反応して暖かくなるインナーや、保温性が高くて暖かいインナーなどを選びがちですが、汗をかき始めると悲惨なことになります。

汗をすぐに乾かして、さらっとした着心地が持続できるものがいいでしょう。

インナーとアウターの中間には
保温性はここで求めます。熱を逃がさない素材の温かい服を着ましょう。

あまり化学繊維系のものは着心地が悪いのでおすすめできません。ふわっと肌触りのいいものがいいと思います。

モコモコ着込みすぎても動きづらいので、薄手でも暖かいというのが売りの物がいいですね。スポーツメーカーであればなおよし、です。

アウター
アウター類に求められるものはひたすら撥水性です。

雪が降ることも勿論あるので、体に触れて解けた雪がしみこまないように、撥水性を一番に考えたアウターにすると長旅でも安心です。

スポンサードリンク

自転車でも雪道で滑らない為のアイテムは?

雪道の北海道を走るなら、タイヤにチェーンを履かせるよりもスパイクタイヤ一択になると思います。

中途半端にチェーンをはいても、圧雪アイスバーンの状態では意味がないからです。

普通の自転車よりも、マウンテンバイク用のスパイクタイヤのほうが種類も豊富ですよ。

やっぱり、冬道ツーリングする人は多いのでしょうか?

しかし、どのみちあまり需要は無いようで、急に自転車屋さんに駆け込んで「今日スパイクタイヤに履き替えてください!」といっても、在庫の関係などで難しいと思います。

本格的に雪が降り始める前に、自転車屋さんによく相談してタイヤ交換するのが理想ですね。

スパイクタイヤ装備の自転車の走行の参考動画はこちらです。

うーん、楽しそうですね!うちにあるマウンテンバイク、冬にも乗ってみたくなりました。

まとめ

いくら冬装備にしても、冬道の自転車運転には夏よりも多くの危険が伴います!

自分の体だけではなく、他者にも傷をつけてしまう可能性があるということを忘れずにいたいですね。

冬道も安全運転で、健康的な自転車生活を楽しんでみてくださいね!

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です