かぼちゃ 冬至
ゆず湯に入ってかぼちゃを食べる、そんなことに何の疑問も持たなかった冬至という風習。

しかし、改めて考えてみるとなんで冬至にかぼちゃなのか気になりませんか?

そんな、謎に満ちた冬至とかぼちゃの関係のあれこれについて調べてみました。

スポンサードリンク

かぼちゃを冬至に食べる理由とは

かぼちゃを冬至に食べる理由とは
かぼちゃを冬至に食べる理由、諸説あるようです。

かぼちゃの旬が冬というのであれば、時期だから食べるのかな?と思いますが、カボチャの主な収穫期は夏です。つまり夏から冬まで貯蔵してわざわざその日に食べるのですから深い理由がありそうですよね。

古来よりの言い伝えとしては、かぼちゃは食べるとおなかに溜まるから子宝に恵まれる=子孫繁栄という意味があるのだそうです。

そしてお金も貯まるのだとか。かぼちゃの中にぎっしりと種が入っていることからお金のたまる食べ物として大切にされていたのですね。

さらに、昔の人は「ん」がつく食べ物は運を呼ぶ!と考えていたようで、かぼちゃだけではなくニンジンやレンコンも冬至に食べると良いとされていたのだとか。

カボチャも昔はなんきんと呼ばれ、「ん」が2個も付くとっても縁起のいい食べ物だったのです。

このように、元々は冬至にかぼちゃだけではなくその他の野菜も食べるという風習があったのですが、現代に残ったのはかぼちゃだけだったということのようです。

かぼちゃは栄養的にも抗酸化作用や豊富なビタミン類、おなか一杯になるでんぷん質も多く含んでいるので、体調を崩しがちな冬には昔からぴったりの食べ物だったという背景もあったのでしょう。

かぼちゃを冬至に食べるならこの品種を育てよう!

冬至カボチャは毎年家庭菜園で育てています!という自然派のあなたには、秋冬に収穫できるこんな品種のかぼちゃがおすすめです。

秋に収穫ダークホース
うどんこ病や高温に強い、秋どり品種のかぼちゃです。ホクホク系で貯蔵もOK。ちゃんと乾燥させれば冬中食べられる品種です。
栗えびす
かわいらしいまん丸フォルムと、食材としての扱いやすさでファンの多い栗えびす。収穫期近くなると低温管理が必要なので、関西以南では栽培が難しいかもしれません。
坊ちゃんカボチャ
手のひらサイズで食べやすい、坊ちゃんカボチャですが、暖かい地域なら7月上旬に種まきすることで10月に収穫できるので冬でもおいしく食べられます。

丸ごと食べられるので、そのままグラタンやシチューでもおいしくいただきたい人気の品種です!

冬至かぼちゃに使うあずきの煮物は圧力鍋で作ろう!

冬至カボチャには欠かせないのがあずきの存在です。

あずきでつくるいとこ煮は、カボチャだけではなくサツマイモでもおいしいですよね。

でも、小豆って調理が結構めんどくさいんですよね・・・。

レシピではかぼちゃと小豆を一緒に煮てもOK!なんて書いてあるのもありますが、実際に一緒に煮るとかぼちゃは崩れるのに小豆は固い・・・という悲惨な結果に。

それなら小豆はいっぺんに沢山煮て、冷凍ストックしちゃいましょう!

小豆の冷凍ストックは、冷凍バックに薄く平らに入れて冷凍庫に入れ、使う時には使う分だけぽきぽき折って入れれば簡単です。

お菓子やパンを手作りする人なら、料理だけではなくそちらにも簡単に使えて便利ですよ♪

では、圧力鍋で作るあずきの水煮レシピを紹介します。

スポンサードリンク
≪調理の前に≫小豆は1年以上前に収穫されたものなら、一晩ぐらい水に浸してから使います。

①大き目の鍋に小豆を入れたら、小豆の三倍の量の水を入れ沸騰するまで煮ます。

②沸騰したら一度湯を捨て、軽く小豆を洗ってあくを落としてから再び鍋に小豆と三倍量の水を入れ、圧力なべ用の落し蓋をし、火にかけます。

③圧力ピンが上がり、蒸気が出てきたらそこから7〜10分ほど加圧します。

④時間が来たら火を止めて、あとはピンが下がるまで放置して出来上がりです!

⑤粗熱が取れたら冷凍しましょう。

このゆであずきは、解凍後に砂糖と塩を加えて煮ればつぶあんにもなりますよ。冬至カボチャなら、かぼちゃと一緒に煮るだけでいいのでぜひお試しください!

まとめ

若い時にはちょっと面倒さも感じていた季節ごとの風習ですが、年を重ねるごとに無性に恋しくなったりしますよね。

家庭がある方なら、子供と一緒にこういった行事も楽しみながら日本の文化について親子で勉強するのも楽しそうですよね!

あわせて読みたい

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です