火災保険 おすすめ
加入するかどうか迷いに迷った火災保険、結局加入せずに放置・・・なんてことになってませんか?

または「うちは賃貸だから関係ないわ!」なんて思っていませんか?

火災保険は戸建てでも賃貸でも大切な保険です。戸建ての場合はもちろんですが、賃貸で火災が起こると、他の部屋への延焼や大家さんへの補償などなど思わぬ出費が・・・。

大切な火災保険についての知識を深めて、あなたに合った火災保険を見つけましょう!

スポンサードリンク

火災保険のおすすめ、賃貸物件の場合

賃貸物件にお住まいの場合、火災保険は必要ないと未加入の方も多いようですが、団地やアパート、マンションなどの集合住宅にこそ火災保険加入は必要になります。

なぜなら、自室で火災を起こしてしまった場合、上下左右のお宅にまで被害が及ぶ可能性が高いからです。

そうなると同じ賃貸物件に住む方への損害賠償問題にもなりますし、貸主である大家さんへも何らかの賠償をしなければいけなくなります。

引っ越しも余儀なくされますから、引っ越し費用も必要になり家具や家電も買い揃えることになるでしょう。パッと思いつくだけでもこんなにお金のかかることが出てきます。

勿論、火災を起こさないように気を付けることは大前提ですが、もしものことが自分にだけは起こらないという保証は何処にもないのです。備えあれば憂いなしということですね。

では実際に賃貸で必要な火災保険とはどのようなものになるのでしょうか?

火災保険のおすすめ、賃貸物件の場合
建物については必要ない
建物自体の火災保険は大家さんが加入しているので、建物自体にかけるような保険は必要ありません。賃貸物件の火災保険で一番重要なのは家財道具にかける保険です。

建物の中、自室にある家具家財が火災により損傷を受けた場合に保険金が下りるものです。この場合は、ざっと見積もって自分の持っている家財道具がどれぐらいの価値があるのか算定しお好みの保障金額を選んでください。

勿論、保障金額が高くなれば保険料も高くなります。

賠償責任付き
大家さんや隣家などに迷惑をかけた場合の賠償責任がついている火災保険を選んでおけば、更に安心です。火災による損害賠償請求は結構高額なものになりますから、保険に入っておらず自分で払うとなるととんでもないことになってしまいます。
修理費用付き
賃貸物件は、そこを出ていくときにはきちんと部屋の現状を回復しておくということが必要になります。

つまり、火災を起こしてしまい引っ越そうと思ったら火事が起きる前の状態に回復してお返ししなければいけないということです。

火事の程度にもよりますが、敷金ではとても賄えないであろうことは想像できますよね。

このように、賃貸物件におすすめの火災保険は建物以外の部分での保障が厚い賃貸物件専用のものを選んでおくと安心です。

スポンサードリンク

火災保険のおすすめ、新築戸建ての場合

家を新築してさぁ新生活!を始める前にきちんと建物に各種保険をかけておきましょう。

戸建て持ち家の場合の火災保険は、賃貸とは違い建物自体と家財道具に保険を掛けることができます。

建物の保険金額はその建物にどれだけの価値があるかを調べ、保険会社が決定しますので、自分で保険金額を設定することはできません。

家財道具に関しては賃貸と同じで自分で設定できます。

支払う保険料については、建物の構造や使われている資材などで変わってきます。例えば、木材よりも燃えにくい鉄筋コンクリートのほうが保険料が安くなります。

持ち家の場合は、火災保険だけではなく地震保険にも加入しましょう。

火災保険では地震や自然災害での損害は補償の対象外です。日本は地震大国ですから、地震保険の支払い実績もきちんとあります。入っていて損はないでしょう。

そして火災保険は保険料が掛け捨てのものが多いですが、地震保険は積み立てられるものが多いのです。積み立てたものが満期を迎えた時に、建物のリフォーム資金にできるというメリットがあります。

地震保険は加入率30%と決して高くないのですが、家を建てるときには入りたい保険だと個人的には思います。

火災保険のおすすめ、オール電化割引って?

火災保険のおすすめ、オール電化割引って?
平成19年に火災保険について大幅な保険料の見直しがあり、それに伴い作られた割引がオール電化割引です。

考えてみれば、ガスや石油を日常的に使う家よりもオール電化の方が危険性が少ないのですから納得のいくものです。

じゃあうちもオール電化にしたから割引あるかしら!?と喜ぶのはちょっと待ってください。

前述のとおり、平成19年以降に火災保険が改定されたことにより導入された割引ですから、それ以前の契約の方には適用されません。

それって昔の契約の人は損をしているってことじゃないの!?と憤慨する気持ちもわかりますがそれもちょっと待ってください。

実は、この保険料の改定で火災保険全体の料率が全国のほとんどの地域で上がりました。つまり割引があったとしても以前の保険料よりも高くなっているのです。

その不公平感をなくすためにオール電化割引やほかの割引も導入されたわけですが、割引があっても平成19年以前の契約の火災保険のほうがトータルで安くなっているのです。

ですから「割引」という言葉に惑わされて現在の契約を解約して新規に契約を・・・となるとこれまでの保険料よりも高い金額を支払わなくてはいけない可能性がとっても高いのです。

それでもどうしても気になる!という方は各種保険会社にて保険料の見積もりをしてもらいましょう。それからじっくり考えても遅くはありません。

決して早まった真似はせず、きちんと金額をみてから検討しましょうね。

まとめ

保険というだけで難しいというイメージを持って拒否反応を示す人も少なくありませんが、保険はいざという時に必要なものですから嫌がらずにちょっと火災保険について調べてみてください。

何もなければ勿体ないと思ってしまう毎月の保険料支払いも、いざという時が来たら入っていて良かったと心から思うでしょう。

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です