帰省 費用 高い
旦那の実家への帰省。毎年大変な行事の一つですね。

行ってしまって、義父母と交流する分にはそれほど問題が無いのですが、何が一番問題って旅費が高い高い。。。

特に、義父母が遠方に住んでいて、かつ帰省ラッシュの時期は飛行機、新幹線共にチケット代が高い。

みんな、どれくらいの頻度で帰省しているんだろう?

今回は遠方の帰省先に帰る際の交通費について、皆の悩みや解決策をまとめてみました。

スポンサードリンク

旦那の実家への帰省費用が高くて困ってる

帰省の時期って、あらゆる交通機関の旅費が高くなっているので、困りますよね~

旦那さんと二人で往復するだけで簡単に5万円を越えることも。。。

義父母に少し負担してもらえないかしら?という考えが頭をよぎることもありますよね。

そもそも帰省というのは義務なんでしょうか?一般的には、帰省というのは親孝行の気持ち、つまり善意の行動という位置づけになるので、自らの意思で帰省するかどうかを決める事ができる、というのが原則です。

確かに旅費は高くつきますが、結婚した夫婦は立派な大人ですし、もう子供ではないので、義父母に交通費を負担してもらうのは理屈の上でも常識の観点からも無理があると言わざるを得ません。

中にはとても親切な義父母もいますので、航空チケットを手配してくれたり、交通費としてお金を手渡ししてくれる方もいらっしゃいます。でも、それは有り難く頂戴するものであって、当たり前のように貰うものではないです。

まずはそこの前提を認識しておくようにしましょう。

ただし、旅費がかさんでしまう事実はとても重いので、年に何度も帰省するのは難しいということを旦那さんを通して義父母にお伝えすることは良いと思いますよ。

旦那さんの給料で生活しているのであれば、旦那さんにとっても自分が稼いだお金ですから、自分事として動いてくれるのではないでしょうか?

例えば、年末年始やGW、お盆の季節に絞るか、あるいはそのいずれか1つに絞ってもいいので、年に1回の大型連休で帰省するという感じで調整するのもアリです。

その代わり、この時期は旅費が高いので積立貯金などをしておく必要がありますね。

逆の発想をすると、交通費が安い土日を使って手軽に帰省するというのも良いアイデアです。特に子供がいない間は、帰省して長居してもあまり意味はありません。夫婦二人で帰省するのであれば、1泊2日や2泊3日程度で充分ですので、旅費が安い内に帰ってしまうのも方法ですね。

ただ、人の価値観はそれぞれですから、大型連休の時の帰省しか認めないという方もいらっしゃいます。そこは、旦那さんを経由して探ってもらうとか、帰省した時にお話して相談できるようでしたら、話し合ってみると良いしょう。

スポンサードリンク

帰省の頻度って遠い場合はどの程度?

やはり、経済状況によっては頻度を落さざるをえないですね。

実際、旦那さんの実家が遠いご家庭では、帰省は年1回に留めている方も多いようです。本当は年1回も厳しい、という経済状況もあるかと思いますが、お子さんがいらっしゃる場合は、年に1回くらいは孫の顔と成長を見せてあげるのが親孝行となりますので、多少無理してでも行かれる方が多いようです。

中には、毎月親御さんに仕送りしているご家庭もあります。もし仕送りをしていないのであれば、旅費が10万円になったとしても高いとは感じないご家庭もあるようです。

やはり、親孝行への想いをどれだけ強く持っているか、という点が大切ということになりそうですね。

ただ、普段から家の修理とか車検とかでお金を出しているようですと、大きな出費も痛いと感じてしまいますよね。 その場合は、帰省の回数を減らすとか、交通費が高い時期をズラさせてもらうなどの相談が必要になるでしょう。

また、帰省する際はお土産も用意する必要があるでしょう。やはり嫁としては、手土産無しで伺うのは気持ち的にもマナー的にも無理って思っちゃいますし、ね。

さらには、帰省先に行ったら兄弟姉妹達がいて宴会をおこなうということで、その費用も負担させられるケースもあるようです。

こうなってくると、頻度は当然落さざるを得ませんし、他の費用も分担して負担できないか交渉が必要かもしれません。しかし、嫁はなかなか強く言えない立場ですので、ここは旦那さんの出番ですね。しっかりとお伝えしてくれる旦那さんなら良いのですが・・・

話を戻して、頻度をどうするかについて理想的な考えは、年1回にしつつ、大型連休より1週間ズラすことです。こうすることで、連休に近い日程で帰省することができますし、交通費も低く抑えることができます。

あとは旦那さんがお休みを取れるかどうか、ですが、最近の会社は敢えて大型連休をズラして有給を取得できるところも多いようですので、ダメ元で申請してみてもらうのもアリですよ。

しかし、もしお子さんが小さい場合はこの限りでは無いかもしれません。というのも、お宮参りや初節句、七五三など子供には行事が多いです。本当は、親孝行としてこうした孫の姿を見せてあげるため、帰省の頻度も高くなりがちです。

経済状況が逼迫している場合は仕方が無いかもしれませんが、多少無理できるのであれば、なるべく頻度を多めにしてあげるのが良いでしょう。ある程度子供が大きくなれば、年1回などに収まっても良いでしょう。

あと、これは裏ワザになりますが、帰省の時期に逆にこちらに来てもらうのも方法です。孫の顔見たさと、たまには旅行でもしたいというお気持ちが一致してくれれば、喜んでこちらに来てくれる可能性は充分ありますよ。その際、1万円などほんの気持ちだけで良いので交通費を援助してあげれば、毎年も同じパターンで来てくれるかもしれません(笑)

まとめ

旦那の遠い遠い帰省先への費用負担は、なるべく低く抑えたいですよね。

頻度を減らしたり、大型連休の1週間前後など日取りをずらしたり、あの手この手で資金援助をしてもらったり、あるいは逆に来てもらうなど、色々と工夫されている方が多いです。

こうした事例を参考に、あなたが出来そうな事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です