夏バテの症状
毎日暑い日が続いてクラクラ。夏バテになっていませんか?

今回は、夏バテの症状とその改善策について調べてみました。

スポンサードリンク

夏バテの症状とはどんなものなのでしょうか?

夏バテは病気ではなく自律神経の乱れによっておこるさまざまな症状のことを言います。夏の暑い時期に起こる症状の事ですが、「暑気あたり(しょきあたり)」とも言われていますね。夏バテでだんだんと体の調子がおかしくなってくる人は多いようですね。

夏バテの症状と言えば次のようになります。

体のだるさ、食欲不振、微熱、胃痛、下痢、便秘、頭痛、吐き気、めまい

下痢と便秘どちらも夏バテが原因で起こるの?と思われがちですが、どちらも胃腸の不調からくるものなのです。

夏バテの症状で起きる吐き気がした時の対処法とは

夏バテの症状 吐き気
胸がむかついて吐き気をもよおしたらまず水分補給をしましょう。このとき冷たい水などではなく、あまり冷えていないスポーツドリンクが最適です。

冷たすぎると胃に負担を与えてしまい、吐き気が強くなる恐れがあります。

水よりもスポーツドリンクがおすすめなのは体への吸収率が高いからです。でも一気に飲み干すのはやめましょう。口に含んでかむように飲むのがオススメです。

夏バテの症状で頭痛がしたときへの対処法とは

夏バテの症状 頭痛
頭ががんがん痛い、偏頭痛でずきずき痛い、しばらく休んでもなかなかなおらない。どうしよう。

そんな時は体を温めることが重要です。冷房の設定ができるならば25度ぐらいに設定しましょう。オフィスなどで冷房の設定ができない場合にはカーディガンなどをはおってひざかけをかけましょう。レッグウォーマーなども有効です。

うちで冷房がこわれていて使えないなどというときもあるでしょう。その時は扇風機をもちだして風で仰ぐようにすると効果があります。

涼しくなったら外の空気を部屋の中へいれて空気のいれかえをしましょう。最近はネックウォーマーも売られていますので買っておくのもいいでしょう。

夏バテの症状で下痢になった時の対処法とは

夏になって急に暑いところから寒いオフィスなどへはいるとトイレに行きたくなることがよくあります。急におなかが痛くなって下痢になってしまうこともあるでしょう。そんな時はトイレにはいってすっきりするまで待ちましょう。これも夏バテの症状のひとつです。

お腹がおちついたら水分補給をするのを忘れずに。脱水症状にならないようにするためです。

スポンサードリンク

夏バテの症状で子供に対してできる対処法とは

子供に多い夏バテの症状には、下記のようなものがあります。

疲労感、無気力、イライラ、情緒不安定、微熱、吐き気、嘔吐、食欲不振、体重の減少、立ちくらみ、めまい下痢便秘

メンタル系での対処法は、ペース配分にあります。子供は環境の変化に適応するのが苦手です。それは環境に応じて上手く休んだり過度に休憩をとることができないからです。

暑くても遊びたいし、外へも出たい。そうやって体が疲れやすいなあとどんどん体に負荷をかけていくのです。すると体が「休みたい」と思って脳に信号を送って休もうとします。その休みたいという信号が無気力や疲労感です。なので子供にメンタル系の疲労感がある時は「休ませること」を最優先にしてください。

食関係の症状の対処法は、「効果的なレシピ」が一番いいと思います。食欲がないからこそ、吐き気があるからこそ栄養満点の食事にすることが大切なんです。特に大切なのがビタミンとミネラルです。これらを多く含むタンパク質、緑黄色野菜、小魚は必須!ポトフとか冷しゃぶなどは最適かと思われます。

夏バテの症状 子供

自律神経系への症状の対処法は、自律神経(自分の意志に関係なく勝手に動く神経のこと)具体的にいうと消化、汗、排泄。これを操る神経のことです。

子供の夏バテの症状でめまいや立ちくらみ、熱や下痢、便秘などが出る場合はこの自律神経が上手く働いていないことが原因です。

自律神経を正す生活

早寝早起き
朝日をあびる
寝る前2時間のパソコンは禁止
ご飯は決まった時間に食べる
昼に体を動かす(無理の無い範囲で)
室内の冷房はかけ過ぎない
夜もゆるい冷房か除湿をする
たくさん笑う
映画や本を見て泣く

生活でできる夏バテ対策

冷房の温度を28度に設定
外出先では冷房対策で上着を用意
冷たすぎる飲み物はNG
すっぱいもの辛いものを上手に食べる
おふろはゆっくり入る(汗をかく)
適度な運動
運動時はスポーツドリンク
運動前は炭水化物をとる

まとめ

夏バテの症状と治し方についておわかりいただけたでしょうか。

大人も夏バテはきついもの。子供はもっと夏バテはきついものだと思います。お子さんに元気がなかったらもしかしたら夏バテという言葉を知らないかもしれません。

症状を聞いて夏バテならきちんと処置をしてあげましょう。夏バテしらずの夏を過ごしたいものですね。

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です