お中元 喪中期間中
今年が喪中の方にお中元を送るのってアリ?ナシ?自分の判断でやってしまうと、思わぬ理由で非常識人のレッテルを貼られてしまうことにもなり兼ねませんよね。

せっかくなので、喪中と忌中のどちらもお中元を送ってもアリなのか?についても確認していきましょう。

スポンサードリンク

お中元を喪中期間中に送っても大丈夫?

結論を先に言うと、問題ありません。

というのも、そもそも喪に服すというのは、近親者が亡くなってから一定期間はお祝い事などを制限して、あまり派手な振る舞いをしないようにしましょう、という意味合いがあるんですね。

お中元というのは、日頃の感謝の気持ちを品物を通じてお届けする行為ですので、お祝い事には含まれないとされています。

ですから、あなたが本当にその方に今年の上半期でお世話になったと感じたのであれば、堂々と送って頂いていいんですよ。

ただ、あなたがもしお中元を送ることに気が引けるとか違和感を感じられるようであれば、暑中見舞いや残暑見舞いという形で品物を送り、

「今年は喪中と伺い、お送りしようか悩んだのですが、今年は本当にお世話になりましたので暑中見舞いとさせて頂きました。」などと書いたお手紙を添えれば充分でしょう。

お中元を喪中の方に送る場合の熨斗はどうする?

通常のお中元では、紅白の蝶結びした水引きが入った熨斗紙を添えて送るのが一般的です。

先程も触れたように、喪中の方であってもお中元を送るのは問題ありませんので、紅白の水引きでも問題ありません。

・・・が、多くの方は気を利かせて水引きを無くして無地の熨斗紙で送っているようです。

最近ですと、デパートに相談すれば無地の熨斗紙を下さる方もいらっしゃるみたいですよ。

これと言ってルールがあるわけではありませんが、要するに相手への心配りですよね。

ということでで今までの話を総合すると、喪中の相手にお中元を送りたい場合は、紅白の水引を取って無地の熨斗紙に「お中元」と書くのみとして送るという方法が1つ。あるいは、お中元は避けて暑中見舞いや残暑見舞いとして送る方法が1つ。ただし、便箋1枚で結構ですのでメッセージを入れるようにしましょう。

スポンサードリンク

ただし、1点だけ注意です。喪中の方にモノをお送りする時は、線香だけはやめましょう。

線香を送る行為は、「どうぞお供え下さい」という意味合いとして、仏壇にお供えするものというイメージが強くなります。

お中元は、相手に対する感謝の気持ちをお品物を通して伝える行為となります。線香を送ってしまうと、感謝の気持ちを相手に伝えるというより、「お亡くなりになった方向けにお供え下さい。」という意味合いとなってしまい、お中元の本来の意味からズレてしまうんですね。

ですから、線香を送るのではなく、お相手が生活をする中で便利なものなどを選ぶようにしましょう。

忌の期間中はお中元を送ってもいいの?

これはつまり、四十九日の期間中にお中元を送るべきか?ということですね。

理屈で考えれば問題ないと言えそうですが、さすがにこの期間中はお相手の心労もお察しして、送るのを控えた方が良いでしょう。

もし、忌明けが暑中見舞いや残暑見舞いを送る時期に合うようでしたら、お中元を避けてそのような対応をしても良いでしょうし、時期がよくわからなかったり微妙でしたら、敢えて今年は送らないという方法もアリです。

その上で、翌年のお中元では、「前回は忌中でしたので控えさせて頂きました。失礼致しました」と、便箋にメッセージを書いた上で、通年よりも多めにお中元を送ると良いです。

まとめ

お中元というのは、「喪に服す」という観点からすればお祝いごとでもなんでも無いので、全然違う考え方として切り分けて良いことが分かりましたね。

さて、喪中っていう言葉を当たり前のように使ってきましたが、そもそも「喪に服す」とか「喪中」ってどういうこと?と思われた方は、「喪」について詳しく説明した特設記事を用意してありますので、是非そちらも併せてチェックされてみて下さい。

→ 喪に服すって何?喪中の期間は一年?親族は誰までを含む?

また、喪中期間中にやってはいけないことを、具体例を挙げながら別記事で解説しています。こちらも是非チェックしてみて下さい。

→ 喪中期間中にしてはいけないこととは?結婚は?参拝は?飲み会は?

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です