海外 お中元
突然の海外赴任!!行く側も見送る側も今までとは違う環境下でのおつき合いに戸惑いますね。

今までと同じように人間関係は円満で過ごしたい!!そして日本に帰ってきても同じようでありたい!!

だから、季節のご挨拶は大切なんだけど・・・。外国からでも必要なの?疑問ばかりで頭がゴチャゴチャ(><)みんなはどのようにしているのかな?参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

お中元を海外から送るべき?

今まで日本では当たり前のように行ってきたお中元って海外に行く事になったら、同じように続けなくちゃいけないかしら?海外からの『お中元』ってアリなの?

日本でしていたように海外からもお中元を送っている方もいると思いますが、海外にいる間はストップしている方も多いようです。

飛行機や海外発送などの荷物の規制が厳しかったりで、なにげに面倒なんですよね。そのかわり、自分も受け取らないというように、お中元のやりとりを止めてしまう。

帰国するような事があったら、その時にお土産を渡したりすることで十分ではないでしょうか?その時に一緒に時間を過ごすという事で、日頃の感謝の気持ちを伝えましょう。

暑中見舞いや寒中見舞いのような手紙などで連絡だけは取っておくほうがよいかもしれないですね。近況報告的に。

遠く離れていると、なかなかお互いの状況を確認できないし、心配になることもありますよね?季節の節目で連絡を取っておく事は大切です。それがお中元でなくてもね。

海外に行く期間や、帰国する時期が決まっているのであれば、相手に伝えてお中元などは一旦ストップ。帰国してから再開して問題はないと思いますよ。

貰った方も、海外からの贈り物へお礼やお返しに困ってしまったり面倒に思ってしまう事があります。相手のことも考えたら無理に続ける必要もなさそうです。

海外に行く事がきまったなら、また日本に戻ってきてからの関係を円満に保てるように一旦季節のご挨拶をやめましょうと、お世話になっている方にきちんと伝えて理解してもらえるようにしておきましょうね。

日本にお中元を送る方法は?

一方、いざ!日本へお中元を送ろう!ってなった時、はて・・・?どうやって出すのさ(^^;

日本へのお中元の出し方は、いろいろな方法があります。外国にある日本のデパートや会社で、お中元やお歳暮などに、外国の製品などを『贈り物』として送ってくれるサービスをしてくれるところがたくさんあります。

海外の送り主でも、カード払いをすれば、相手に間違えて請求書が送られてしまうこともないので安心です。

日本で売っているようなお中元セットみたいなもの(ビールや洗剤、タオルなど)もありますが、その国の物を送る方が喜ばれそうです。でも、あまり奇抜なものは・・・どうかな?相手が喜んでくれそうな外国のプレゼントがいいですね。

自分では見つけられないような目新しい物は、もらって嬉しいものです。

衣類や紙類などの軽いものなら、国際宅急便で出す事も可能です。ただ、運んでいる間に包みや箱がボロボロになってしまったり、下手したら中に入っている物まで影響しちゃう事もあるので、梱包は慎重に!!←これは自分の経験(^^;手紙でさえも相手に届くころにはボロッボロになっていました。帰国して見せてもらってビックリです。中身・・・読めないじゃん状態。

食品などでしたら、賞味期限や届くまでの時間を考えて、日本国内にいる友人や、親戚などに代理を頼むのもいいのでは?その代わり、お願いしたら、その方にもお礼をするもの忘れずに。手間かかっちゃいますからね。

お礼はお土産などでカバーして、きちんと感謝。頼むのも面倒なようだったら、やはり自分で準備をして送るのがいいですね。

今はインターネットなどでもカード払いで日本へ商品を届けてくれるサービスもたくさんあります。送る品物が決まったら、まず、それを日本へ発送出来るか確認してみましょう。

スポンサードリンク

お中元を外国に送るのは大変?

今度は逆に、海外へ行ってしまった方へのお中元。日本から海外への贈り物はどうやってできるの?

お中元やお歳暮など、季節の贈り物を提案してくれる郵便局の『ふるさと小包』ご存知ですか?じつはこれ、海外版があるのです!!

専用のパンフレットから選んで注文したら発送までおまかせ!!小さな郵便局では取り扱っていない場合もありますので、窓口でチェックしてみてください。

自分で選んで送りたい!!という場合は普通国際郵便でいいでしょう。船便は時間掛かりすぎちゃうので、航空便で。

途中でボロボロになったり、盗まれたらどうしよ~という場合は、郵便EMS(国際スピード郵便)かクロネコヤマトの国際宅急便がよいです。

紛失、盗難の保証があります。安心・安全に相手のもとへ届けるには保証付きがいいですね、盗難、実際にあるみたいですから。

海外で暮らす方に、日本を思い出させるような暖かい贈り物、届くといいですね~

まとめ

国内同士では、何の気なしに行っている事が、海外・・・となると一大事!マナーやルール、手順などしっかり調べてから行いたいですね。

相手と自分の状況を考えて、海外へのお中元をどうするか、決めてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です