お歳暮 時期
お歳暮の時期が近づいてくると、特に新婚さんは品物選びやマナーに悩む人も多いですよね。

いつまでに届かなきゃいけないのか、何を贈るべきなのか、貰った場合のお返しはどうしたらいいのか・・・。

そんなさまざまな疑問を一緒に解決していきましょうヾ(* >∀<)ノ

スポンサードリンク

お歳暮を贈る時期はいつからいつまで?

お歳暮を贈る時期はいつからいつまで?
そもそもお歳暮というのはなぜ贈るのでしょう?

起源は古来日本の習わしにあり、年越しの「先祖を供養するためのお供え物」として食物を贈ることから始まっているといわれています。

ですから本来は塩鮭や数の子、お餅など、おせち料理のように日持ちのする食べ物を持参して直接渡すのが一般的だったようです。

今では贈る品物もバリエーションが豊富ですし、配達で届ける場合も多く、また贈る理由も「お供え物に」ではなく「一年の感謝を込めて」という解釈が広まりました。

正式な「贈る時期」は、お正月のお祝い準備を始める12月13日の『事始め』から12月20日までとされています。

ただ最近では11月末から贈る人も増えていますし、地域によって風習が異なるため、嫁ぎ先の“しきたり”は確認しておくほうがよさそうですね。

例えば関東では12月初旬〜12月31日に贈るものだとする地域があったり、関西では12月13日〜12月31日だとする地域があったりと、一部では微妙に違いもあります。

いずれにしても年の瀬で何かと忙しい時期に贈るのは迷惑にもなりかねませんので、12月20日までに相手先に届くよう準備するといいでしょう(*^^*)

さらにお歳暮を贈る「相手」ですが、基本的には両家の実家(父母と義父母)上司に対して贈るものです。

現代のお歳暮自体が「一年間お世話になった相手へ」の贈答品ですので、親戚や仲人やお稽古事の先生などに贈る人もいます。

もちろん考え方はいろいろで、親の意見も参考にするべきだとは思いますが、新婚さんは初めから無理せず、まずは両家の親に贈れば十分だといえます。

結婚生活をつづけていくうちに贈る相手も増えていくものですし、しきたりや礼儀に厳しい家に嫁いだのではない限り、最低限のマナーさえあれば問題ないはずです(*^^*)

ただ、夫の会社でお歳暮やお中元を贈る習慣がある場合には、きちんと上司へ贈るようにしましょう♪

お歳暮に関するマナーとは?嫁として気をつけるべきポイントが知りたい!

お歳暮に関するマナーとは?嫁として気をつけるべきポイントが知りたい!
お歳暮を義父母に贈ると決めたのはいいけれど、一体何を選んだらいいのか・・・。

夫に聞いても「何でもいいよ」で終わってしまったり、「何もいらないんじゃない?」なんて言われてしまったりして、アテにならないこともありますよね☆

「嫁として、そうはいかないんだ!!」という心の叫びに共感する奥さま方は、日本中にたくさんいると思いますよ〜(^^; )

まずマナーとしてお歳暮でNGなのは商品券やビール券などの“金券”に相当する物。

そして贈り物として一般的なのはやっぱり食べ物などの“消えもの”ですね♪調味料や洗剤などを贈る人も多いようです。

ただ両親が二人住まいの場合などは食べ物も配慮が必要。あまり量が多いと負担になってしまいますし、持病で食べ物に制限がないのかも知っておきたいところです。

そう考えると「何が好きなんだろう?」「何が喜んでもらえるんだろう?」と迷ってしまいますよね。

大前提として「感謝を込めて贈る物」なので、立派な物ではなくても「ほんの気持ち」で十分なのですが、やっぱり喜んでもらいたいですし、いい嫁だと思ってもらいたいですよね!

ですから選び方としては、

  • 普段の買い物では運ぶのが大変で買いにくい物
  • 日常的に必要な物

をポイントに考えてみましょう♪

例えばマンションに住んでいる場合は特に、お米やジャガイモを運ぶのも大変ですよね。

ちょっと高いお米や産地にこだわったジャガイモや玉ねぎなら、品質が良いのに加えて、重たい物だからこそ家まで宅配してもらえると嬉しいはず(*・∀・)b
↓新潟米「魚沼の極み」5kg

↓北海道産「ゆめぴりか」5kg×2

↓新じゃが新たまセット

また日常的な物として高級なお茶を選ぶのも◎
↓入れ物も可愛らしい高級静岡茶セット

↓富士山の特上煎茶セット

高級でもそれほど高価ではないですし、普段からお茶を飲む人には嬉しい贈り物です♪

ただ注意点をあげるなら、地域によってはお茶や海苔「香典返し」として定着している場合があります。

お葬式を連想させる物は避けたほうがいいので、特に義父母が高齢であれば夫などに地域の風習についても確認してみましょう。

また義父母に贈るお歳暮には“のし”をつけなくても問題ありません。でもただの贈り物と誤解されないよう、お歳暮だと伝わるようなお手紙を同封するといいですよ♪

文面例:

  • 「今年一年も大変お世話になりました」
  • 「お義父様とお義母様にぜひ食べていただきたいと思いお贈りいたします」
  • 「年末、年始にかけて寒くなりそうですので、風邪などには気をつけてくださいね」

など、素直な気持ちをていねいに伝えるよう考えてみてくださいね(*^^*)

スポンサードリンク

お歳暮を目上の人に贈ったらお返しをいただいた・・・お礼状を出すべき?

お歳暮は目上の人に対して贈るものなので、本来は受け取った側が“お返し”をする義務やマナーはありません。

でも中には、お礼状を送ってくれたあと律儀にお返しの品まで贈ってくれる人もいるんですよね(*^^*)

そういう場合に「お返しに対するお礼状を出すべきなの?」と悩んでしまいがち☆

でも、もともとこちらから贈り物をしてお礼状をいただいているわけですから、さらにお礼状を返すと追いかけっこみたいですし必要ありませんよ♪

ただし今は宅配される場合がほとんどですので「きちんと届きましたよ」と知らせる意味で電話やハガキでお礼を伝えると親切ですね。

相手が夫の上司なら、都合のいい時間帯に電話をかけるのも難しいので、すぐにハガキを送るようにしてくださいね。

次の日に顔を合わせるくらい身近な相手なら、直接「ごていねいにありがとうございました」と、お礼を伝えれば大丈夫ですよ(*・∀・)b

逆に自分がお稽古事などの先生で、生徒さんからお歳暮をいただいた場合も、お礼状をすぐに出すようにしましょう。

自分が貰う立場になると「本当にお返ししなくていいの?」と不安になるかもしれませんが、生徒さんが日頃の感謝を伝えるべく贈り物をしてくれているので、ありがたく受け取ればそれで大丈夫です。

もしも気後れするくらい高価な物を貰ってしまった場合には、どこかへ旅行したときにでもお土産を渡すなどの気遣いで十分ですよ(*^^*)

まとめ

伝統的な習慣である『お歳暮』ですが、NG項目さえ把握できていれば、それほど難しく考える必要はなさそうです♪

新婚さんも気負いすぎず、まずは両家の実家に“初お歳暮”を贈ってみてくださいねヾ(* >∀<)ノ

いずれ受け取る側になったときには、お礼状を忘れずに出しましょう(*^▽^*)

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です