お年玉 相場
かわいい赤ちゃんが身内に生まれた!嬉しいことも幸せもたくさんあるけれど、その一方でちょっと悩ましいことも増えてしまいますよね。

その一つがお年玉です。

生まれたばかりの赤ちゃんにお年玉はあげるべきなのか、そしてその相場について調べてみました。

スポンサードリンク

お年玉の相場!赤ちゃんはどのくらい?

お年玉の相場!赤ちゃんはどのくらい?
生まれたばかりでまだ歩けない、または、歩くのもやっと!という赤ちゃんに、果たしてお年玉は必要なのだろうか・・・と首をかしげる方もいらっしゃるかもしれませんね。

この場合、赤ちゃんにあげるというよりはその親にあげているという風に割り切ったほうが良いでしょう。

なので、赤ちゃんにお年玉をあげるのは自然ととても近しい親類になると思います。

年に一度顔を合わせるか合わせないかというような親戚の赤ちゃんに、お年玉を上げる必要は全くないと思います。

近しい親類であっても、赤ちゃんにあげるお年玉の額は様々なようで・・・。

平均すると3000円だそうですが、これはだいぶ個々で差がありそうです。

親にあげるものと割り切っている人は高額になりやすく、一万円ぐらいが多いようですね。

赤ちゃんにおいしいものでも食べさせてあげなさい、という意味合いでは千円ぐらいが多いでしょう。

また、出産祝いや入学祝などのやり取りをしていると赤ちゃんの間は高額になりやすく、5千円から1万円ぐらいが相場のようです。

スポンサードリンク

お年玉を相場で決めたい!初孫の場合

孫ということは、その親は娘または息子ということでかなり近しい間柄になります。

祖父母から孫へのお年玉は1万円が多いようです。

そのもらったお年玉をどう使うのかは定かではないですが、どう使われても自分の子供たちや孫が喜ぶならと多めに渡してしまうことが多いのでしょう。

幼稚園や保育園に上がりお金の価値を覚えたら、孫本人が使えるように千円から三千円ぐらいが妥当になるでしょうが、やっぱり物言わぬ赤ちゃんへのお年玉は高くなりがちですよね。

お金を孫ではなく親に渡すことに抵抗があるなら、お正月にはみんなでちょっと出かけて楽しい思い出を作るというのもいい方法かもしれません。

太っ腹な人では、孫の名前で全期前納満期型生命保険100万円を契約してそれをポン、と渡してくれる人もいるらしいですよ!う〜ん、そんな人の孫になってみたいですね(笑)

甥っ子や姪っ子にお年玉をあげるなら相場はいくら?

自分のきょうだいにできた子供である甥っ子や姪っ子は、他人の子供とは違ってなぜだかとってもかわいいですよね。

自分の子供ともまた違う、不思議な感覚です。

そんなかわいい甥っ子や姪っ子にお年玉をあげたい!となったとき、まだ赤ちゃんのうちはどれぐらいあげればいいのでしょうか?

祖父母であれば、親に渡す気持ちで高額なお年玉もわかりますが、きょうだいの立場からではそれも変な話です。

最初にお話ししたように、きょうだい間でお祝い事などのやり取りをしているならそれに応じた額を渡すべきでしょう。

1万円もらっているなら1万円、といった具合です。

一番いいのは、きょうだいに確認することです。

もし今現在あなたには子供がいないのなら、この先生まれた時にきょうだい間でお年玉をやり取りし続けることになります。

それは面倒だ!と子持ちのほうのきょうだいは思うかもしれません。

話し合って甥っ子姪っ子のお年玉は無しにするというのもアリです。

年によって金額を決めるという方法もありますよ。

まとめ

お金の問題は非常にデリケートですから、とても親しい間柄であれば悩まずに赤ちゃんの親に聞いてみるのが一番よさそうです。

赤ちゃんが大きくなって、自分でお金を使えるようになってからのお年玉でもOKだと思いますよ!

あわせて読みたい

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です