i love music
色あせない名作の数々。いつ見ても新鮮で新しい発見があります。時代を超えても、人が心に持っている物は変わらない。

時代の変化に敏感だった80年代の映画に、ストーリーを代弁するような名曲が華を添えます。あのころの自分から、今の自分へ。

変わらない想いをメロディーにして・・・。

スポンサードリンク

The power of love~Huey Lewis and The news~

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」より。1985年のメガヒット作です。イムマシーンデロリアンに乗って過去や未来で大活躍するというお話。

第2作目は未来へタイムスリップするのですが、それが2015年10月なんですよね。30年前に夢見た未来が、現実に追いつきました。実現している事も、そうでないこともありますが、よくよく思い出してみれば、80年代からみた現代は、えられないくらい進化していますよね。

シンプルなロックンロールで、80年代を代表する映画音楽。この曲を聞けば、また映画と共にタイムスリップしたくなりますね。

「愛の力は不思議なもの。男を泣かせたりもするし、歌わせたりもする。金も名声も必要ないよ。

それは強く突然で、時には残酷。だけど、君を救えるかもしれない。それが愛の力だよ。

人は言う。愛は公平だって。でも、君は気にしないね。だけど、それに夢中になったら、どうしたらいいか分かるよね?

そう、神様にちょこっと助けてもらって、愛の力を感じるんだ。分かるかい?感じるかい?」

愛は、ただ美しいだけではなく、時には鋭く心を痛めるものでもあります。だけど、愛が持っているパワーを借りて、大きな何かを得る事が出来るかもしれない。

それくらい、愛っていうのは不思議なパワーを持っているんですね。信じることが出来なければ、感じる事もない。目に見える物ではないから、感じなくっちゃ。

過去や未来に想いを馳せて、理想や後悔を噛み締めてみる。タイムスリップは叶わないかもしれないけれど、そうやって気持ちを飛ばしている時こそが、今の私の時間旅行なのかな・・・(^^)

スポンサードリンク

Up where we belong~Joe cooker & Jennifer warned~

映画「愛と青春の旅立ち」より。海軍航空士官学校の青年が厳しい軍曹のシゴキに耐えて克服し、困難を乗り越えていく感動的なドラマ。もちろんロマンスもありますよ(*^^*)

ラマティックなデュエットで、感動的な映画を盛り上げてくれます。

「明日の事は分からない。愛がここから消えても、確かなのは、この気持ちだけ。もしも本物ならば忘れないでいたい。

道は長く、目指す先には山がそびえ立つ。だけど、少しずつ登ってゆこう。

愛がふたりを本当の世界へ導いてくれますように。鷹たちが鳴く山の一番高い所で。

昔ばかりにこだわって、後ろを向いたまま生きる人もいる。あるのは今なのに。すべてここで見つかるわ。

時は流れ、嘆いている時間もなく生きるの、ふたりで。生きている・・・今」

取り戻せない時間だけは、悔やんでみても、どうにもならない。あるのは「今」「未来」です。自分で変えられるのはそこでしょう?

どんな困難だって、乗り越えられます。欲張らなければ。一気に登ろうとするから失敗して諦めてしまうのよね。

目標を高く持つ事は大切です。でも、達成しなくちゃ意味ないよ。ウサギとカメ。最後に笑うのはだ~れ(^^)?

Unchained melody~The Righteous brothers~

映画「ゴースト~ニューヨークの幻~」より。を乗り越えた恋人同士のが感動的です。この映画で涙した方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?私もそう・・・。

この曲、もともと1964年の大ヒット曲なのですが、この映画に使われて、世代を超えてリバイバルヒットしました。切なさを交えた熱い想いが詰まった心揺さぶる一曲です。

「愛しい人。君に触れて欲しくてたまらない。君はまだ僕のものなのかい?君の愛が欲しい。

早く、愛を僕に届けて。孤独な川は流れる、海へと。大きな腕の中へ。

待っていて、きっと帰るから。待っていて、愛しい人よ。時の流れはとても遅いけれど、その力は計り知れない。

君の愛を、早く僕に届けて・・・」

穏やかで、切ないメロディに、想いを飲み込むような歌声。解放しきれない気持ちが胸の奥底でくすぶっているよう。

変わらない想いが、愛しい人にちゃんと届いているだろうか?心変わりはしていないだろうか?相手を思えばこその不安。それを解消するには、彼女の温もりと、その暖かさから感じる愛情。

時間、空間などに引き離された恋人達は、愛でそれを乗り越えられるのでしょうか?

ふたり、一緒にいるときだけが恋をしているわけではないのよね。待っている時間も、恋のスパイス。燃え上がる再会への助走時間なのです。

まとめ

名画に名曲あり!思い出のシーンに自分を投影するとき、そこには素晴らしい音楽が絡むように胸を締め付けます。

の強さ未来への希望乗り越える。80年代の映画は、私たちに明日への光を見せてくれる、そんな作品が多いように思います。

ぜひ、音楽に身を委ね映画の世界へ飛び込んでみてはいかがでしょうか?


というわけで、なんだか無性に映画が見たくなったアナタ!レンタルもいいけど、実はこういう便利なサービスもあるらしいですよ(^o^)/

この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です