冬 ランニング
年中走りたいランナーにとって、冬シーズンはちょっと憂鬱ですよね。

思いっきり走りこみたいのに走れない、かといってジムのマシーンじゃ物足りない・・・。

そんな時は、おうちトレーニングやウィンタースポーツがおすすめです。

今回は、冬のランナーのためのトレーニング法をご紹介します。

スポンサードリンク

冬にできるランニング以外のトレーニング方法

冬にできるランニング以外のトレーニング方法
豪雪地帯や積雪地帯なら、思い切って冬はランニングのシーズンオフと割り切ってしまうという考え方もあります。

ランニングはオフにしても、ウィンタースポーツをオンにすると、体力や筋力が落ちないどころか、逆に心肺機能を高めてタイムを縮めることもできるかもしれません。

ランナーがランニングのためにやるウィンタースポーツには、クロスカントリーがおすすめです。

北海道の人なら、体育の授業や部活でやった経験がある人も多いかもしれないですね。

普通のスキーと違って、クロスカントリーは専用の板を使って山道を全身の筋肉を使って駆け抜けます。

ものすごいハードなスポーツです。

ワンシーズンこなせば、全身引き締まること間違いなし。

流石に頻繁にクロスカントリーをするのは辛いので、合間には水泳を挟むのがベストです。

実は、水泳は有酸素運動の中で断トツの脂肪燃焼度を誇っています。

水の中ではそんなに動いている気はしないのに、プールから上がるとすごくお腹がすくのがその証拠です。

こんな風に、冬の間は屋内と屋外をうまく使い分けてトレーニングすることで、春のレースシーズン開始にも体づくりに慌てることもありません。

スポンサードリンク

ランニングに重要な体幹を鍛える筋トレ法

冬でも外を走りたい、でもその気持ちのままいつも外を走っていると、足元の状況にばかり気を取られて、フォームが崩れてしまい、それによって故障につながることが考えられます。

雪が降る日や、路面が凍結している日には無理せずお家でトレーニングしましょう。

ランニングに大切なのは体幹トレーニングだということはみなさんご存じだとは思います。

有名どころのプランクはみなさんやっていると思うので、ランニングに使える体幹トレーニングの参考動画を用意しました。

体幹トレーニングは、正しいフォームで走れるようになり体の負担が減り、骨盤や肩甲骨がスムーズに動くようになる、それによってタイムが縮むというランナーにとってはうれしいことづくめのトレーニングです。

普通の腹筋や背筋をやるよりも効率よく筋肉が付きます。

実際、私はラン前後の体幹トレーニングで腹筋が見事に割れました(笑)。おすすめですよ!

ランニングの為のトレーニングにはエアロバイクも効果的

ランニングの為のトレーニングにはエアロバイクも効果的
こんな実験結果があるようです。

「ランナーにバイクでインターバルトレーニングをさせたら、10キロのタイムが縮んだ」

というものです。

これは、ランニングをせずにサイクリングだけの練習でタイムが縮んだということらしいのです。

そんなことが可能だとしたら、私はすぐにエアロバイクを買いにスポーツ用品店に行かなくてはいけません!

なぜそんなことが実現したのかというと、サイクリングによってランナーにとって大切な大腿四頭筋やハムストリングスが強化されたということらしいのです。

大腿四頭筋を鍛えればランナー膝を予防することもできますし、症状が改善されることも期待できますよね。

すでにランナー膝で長距離を走りこめない人にもいいかもしれませんね!

太ももの裏のハムストリングスも、意外としっかり鍛えることができていない人も多く、この筋肉が弱かったり、しなやかさがないと下半身の故障に直結します。

シーズン中によく下半身に痛みが出る人は、このオフの期間にエアロバイクで鍛えておくのがよさそうですね。

まとめ

冬は走れなくて暇だしストレスがたまる!と思っていた人も、意外とやれるトレーニングの多さに驚いたのではないでしょうか。

冬もしっかりと鍛えることで、来年のレースでは自己新記録を出すことも夢ではありません!

いろんなトレーニング方法を試して、自分に最適な方法を見つけ出してくださいね!

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です