掃除 重曹
年に一度の大掃除、あなたは毎年隅々まできれいにできていますか?

しっかりスケジュールを立てて挑まないと終わらないこともある年末の大掃除ですが、今年は洗剤の種類を減らしてお得に賢く、そして気楽にやってみましょう。

今回は、重曹とクエン酸で掃除を一気に楽にしてくれる方法や、お掃除のプロへのお願い方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

掃除に使える重曹とクエン酸の使い分け方法

掃除に使える重曹とクエン酸の使い分け方法
なんだか最近テレビでよく聞くお掃除方法クエン酸と重曹があります。

どちらも安価で買えるものですが、本当に一般的な洗剤よりも洗浄効果があるのでしょうか?

あるんです!

ですが、使い方を知らずに使っても全く意味がありません。

クエン酸は、酸の効果でアルカリ汚れに対して効果を発揮してくれます。

具体的には、白い塊になってしまった水垢や、便器にこびりついてしまった尿の汚れなどです。

逆に、アルカリの効果で酸性の汚れを落としてくれるのが重曹です。

酸性の汚れは油汚れ排水溝のぬめり茶渋などが該当します。

この二つさえあれば、家中どこでもきれいになりますよ!

しかも、一般的な洗剤と違って添加物や石油由来のものも入ってませんから赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使うことができます。

重曹とクエン酸それぞれの掃除での使い方は

では実際に、どのように使用して掃除をしていけばいいのかを見てみましょう。

まずは重曹です。

重曹は粉のままで汚れに直接振りかけることで、クレンザーのような役割をしてくれます。これでお風呂の湯垢ややかんについた油汚れなどが取れます。

一リットルの水に大匙4の重曹を溶かした重層水は、吹きかけて拭き掃除に使えます。キッチンの壁など油が気になるところに使うといいでしょう。

次にクエン酸の使用方法です。

クエン酸は、スプレーして使います。

スプレーのためのクエン酸水は、水400ミリリットルに対しクエン酸小さじ2を加えて溶かします。

これをスプレーして拭き取るだけです。

効果を発揮してくれる場所は、蛇口などの水垢冷蔵庫内の汚れ、お風呂場の石鹸カス汚れなどです。

注意したいのは、フローリングの洗浄には向かないので、フローリングにクエン酸水がかからないように注意してくださいね。

スポンサードリンク

年末の大掃除は思い切ってプロに頼むのもアリ!

頑張っても頑張っても終わる気がしない・・・そんな時は年に一回だからと割り切って、ハウスクリーニングを頼むのもアリです!

ハウスクリーニングなんて、お高いんでしょう・・・?と思うかもしれませんが、年に一回だけと思うと意外と頼める金額ですよ。

全国では様々な会社がハウスクリーニングを行っているとは思いますが、今回は大手を中心とした平均金額をご紹介しますね。

まず、金額は場所によって決まります。レンジフード、エアコン、お風呂、キッチンなどなど細かく分かれています。

一番プロに頼みたいレンジフードは3千円から2万円とかなり金額に幅があります。

この場合、安ければ安いほどいいのかといえばそうでもなく、汚れの落ち具合に疑問が残ることもありますので、安さばかりで選ぶのはあまり得策ではありません。

自分じゃ難しいエアコンの掃除は、6千円から4万円キッチンは1万円から3万円フローリングは1万円から1万5千円ほどが相場のようです。

全部まとめてハウスクリーニングもありますが、こちらはもちろんお高いです。

そして各社かなり金額にばらつきがあるので、数社ほどネットから見積もりを依頼して、一番依頼したいところにお願いするのがいいでしょう。

やっぱりプロは違いますね!

色々探してみたのですが、数社の中から一番安い業者を探してくれるこのサービスが一番使い勝手がよさそうです。

まとめ

年末の大掃除が毎年憂鬱という人も多いかもしれませんが、掃除が終わった後の達成感は何とも言えないですよね。

大仕事をやり切った後の新年は、きっとすっきりさっぱりとした気持ちで迎えられるはずです。

家族みんなで頑張って、きれいなお家で新年を迎えましょう!

あわせて読みたい

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です