春 紫外線 肌
シワシミそばかすができやすくて悩んでいる方は多いでしょう。さて、実は春は一年で一番紫外線が強い季節

春になり日差しも強くなるこの季節に、肌の紫外線対策についてまとめました。早めの紫外線対策で、お肌を綺麗に健康に保ちましょう!

スポンサードリンク

紫外線って人体へどんな影響を与えるの?

紫外線は身体にどんな影響を与えるのでしょうか?具体的にご存知ですか?ここでは人体への影響についてまとめてみました。

紫外線(UV)は人間にとって有害性が強いお肌(皮膚)や健康に悪影響があると言われています。紫外線による悪影響を受けやすい地域に住んでいる人たちほど、皮膚がん白内障感染症(免疫力の低下)肌の老化がしやすいことがわかっています。

シミやそばかすの原因となるメラニンには、肌を紫外線から守る役割があります。日焼けによって肌色が濃くなっている時期より、日焼けをしていない時期の方が紫外線の影響を受けやすいです。肌が白いほどメラニンが少なく紫外線に弱いといえます。また、季節による影響が肌に現れるまでには時間がかかります。よって、紫外線の少ない秋から冬を経た春先が一年で一番肌の色が明るくなります。

人体への影響については以上ですが、日を浴びることはは単に悪影響ばかりではありません。日を浴びることにより、ビタミンDを生成し骨を強くします。殺菌効果もありますし、植物、作物を育たせるのも太陽光(紫外線)が不可欠です。日光とうまく付き合いましょう。

春の紫外線

そして、これからの時期「春の紫外線」が気になるところですよね。春の紫外線にはどのような特徴があるのでしょうか?春は紫外線が増えてくる時期なので、紫外線の影響を受けやす時期といえます。

冬のままのスキンケアから一工夫して、十分なケアをしましょう。

春は3月から5月にかけての時季。3月は北のほうでは間が雪が残っていますが、本州では桜が咲き始める頃。この頃は冬よりずっと強い紫外線が射しています。

まだ暑くないからと、気を抜いていると5月には一年で一番紫外線の強い時期に突入するので、シワシミそばかすの原因となります。気を緩めず、早い時期から紫外線対策をすることが大切です。

また、シミの原因であるUV-A波の紫外線は春は冬の倍にもなります。

が一番紫外線に注意しなければならないとは意外ですよね。

真夏の強烈な日差しと違い警戒心が湧かない春の紫外線は、落とし穴でもあります。冬の乾燥対策に加えて紫外線対策にチカラを入れていきましょう。

スポンサードリンク

お肌のケアの仕方

春の紫外線についてわかったところで、肝心のケアの仕方も知っておきたいですよね。ここでは紫外線ケアとして、日焼け止めの使用方法をまとめました。

まず、外出前には日焼け止めは必ずしましょう。

紫外線を浴びやすいTゾーンに加え、目元首筋まで念入りにしましょう。紫外線は上から射すだけでなく、地面に反射してあらゆる方向から飛び交っています。首筋首の後ろのあたりまでしっかりと塗りましょう。

さて、日焼け止め化粧品の表示にある「SPF」「PA」は紫外線をカットしてくれる基準の数値です。

SPFとはSun Protection Factorの略で紫外線防御指数とも言います。UVB波の防止効果を表す指標です。

紫外線を浴びた際にできる皮膚の赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長くできるかを表したものです。

PAとは Protecion Grade UVA の略でUV-A防御指数とも言います。UVA波の防止効果を表す指標です。

SPFが肌が赤くなる原因を防ぐのに対して、PAは皮膚の黒化が起こる原因を防ぎます。この数値が大きいものほど長時間紫外線をカットしてくれます。

しかし、数値が大きくなるにつれ、お肌への負担も大きくなることを知っておく必要があります。

なので、日常的に使うものとしては、「PA+」「PA++」「SPF15~25」のものを選ぶことをお勧めします。また、こまめに塗り直すなどケアを十分にしましょう。

まとめ

いかがでしたか?春の紫外線、怖いですね。継続的に日頃からのケアがとても肝心なようです。曇りの日もきちんと日焼け止めを塗って、抜かりない紫外線ケアを実践してみてくださいね!

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です