隅田川花火大会引用元:第34回 隅田川花火大会/東京の観光公式サイトGO TOKYO

夏の足音が聞こえてきます。暖かくなるとフットワークも軽くなってきますね。今年の夏のイベントはお決まりでしょうか?海水浴にバーベキュー、、やりたいこといっぱい!

そんな中でも花火大会は夏の一大イベントです。東京で最大の花火大会のひとつ、隅田川花火大会も1度は行ってみたい!人ごみだしちょっと・・・と敬遠されている方もいると思いますが、今年は足を運んでみたい!

という訳で隅田川花火大会について、基本情報や裏技まで、初めての隅田川花火大会の楽しみ方を教えちゃいます。

スポンサードリンク

隅田川花火大会の概要

日程について

例年通りであれば、日時は7月最終土曜日(2015年であれば7月25日)スタートは第一会場が19:05、第二会場が19:30で終了はどちらも20:30です。

何発打ち上げるかって?第一会場9,500発、第二会場は10,500発の合わせて二万発!!これは華やかな夜空が期待出来ますね~。トイレは仮設も合わせて79カ所。場所も事前に確認しておきたいですね。迷子になっちゃうから(^^;

心配なのが雨ですよね。。小雨の場合は決行です!!雨天などの実施するかが確定出来ない天候の場合は当日午前10時、荒天などの場合は当日午前8時にそれぞれの実地の可否を決定します。中止の場合は翌日26(日)に順延することもアリ。心配な場合はチェックしてからお出かけしてくださいね。

会場について

会場は2カ所あるのを知っていましたか?都合に合わせてより楽しめる会場のほうを選んでくださいね~。

まずは第一会場:桜橋下流~言問橋(こといいばし)上流

最寄り駅は銀座線・都営浅草線・東武線の浅草駅です。駅から徒歩15分程度で、台東リバーサイドスポーツセンターを目指して歩きましょう。

そして第二会場:駒形橋下流~厩橋上流

最寄り駅は都営浅草線・都営大江戸線の蔵前駅です。駅から徒歩5分。都営地下鉄浅草駅の裏側になります。

会場によって開始時間や花火の数が違います。どちらもごった返すと思うので、迷わないように会場をどちらにするか決めておいたほうがいいですね。場所は人ごみに流されていれば着いちゃうかな。

隅田川花火大会 会場マップ参照:夏ぴあ×チケットぴあ 花火・夏祭り特集2013

有料観覧席について

場所が確保できなかったら嫌だな・・・。ゆっくり花火を楽しみたいよ~。という方は有料の観覧席あります!!優雅に花火を堪能しちゃいましょう。

正式には、市民協賛席。え~それって高いんじゃない?席だって、なかなか取れないでしょ・・って案外お手頃価格で、確保出来る確率も悪くないんですよ。各協賛席は以下の通りです。

隅田川花火大会市民協賛席

台東リバーサイドスポーツセンター野球場
観覧できる会場:第一会場
席の種類:ビニールシート
1口6,000円
1口当たり5人以内招待
→ 一人あたり1,200円

台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場

観覧できる会場:第一会場
席の種類:ビニールシート
(1口のみ) 1口6,000円 ※1口につき5人以内招待
→ 一人あたり1,200円

台東リバーサイドスポーツセンター野球場(団体用シート)

観覧できる会場:第一会場
席の種類:ビニールシート
1口24,000円 ※1口につき22人以内招待
→ 一人あたり約1,090円

墨田区側両国親水テラス

観覧できる会場:第二会場
席の種類:椅子
1口5,000円 ※1口につき1人招待

・・・と、こんな感じです。仲間を呼んでみんなで席を取ってしまえば、一人当たりは高くないでしょう?当選確率も30%~60%となかなかの高確率。そんなに敷居は高くないんですよ。

申し込みは4月下旬から5月下旬の一ヶ月間!ハガキで応募してくださいね。

1つ注意点!!市民協賛席は”協賛金を支払う”という形なので、残念ながら雨天などで中止になっても返金はありません。こればっかりはお天道様のご機嫌を損ねないように願うしか無いかなm(__)m

場所を確保出来たら、余裕を持ってお出かけ出来るし、夏の夜空をゆっくり楽しめますね。有料観覧席も検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

隅田川花火大会は何時頃行くのがオススメ?

当日は、場所取りや買い出しなど準備する時間もありますね。では、何時くらいから動いたらいいの?ということでオススメ時間帯をチェックしておきましょう。

初めて隅田川花火大会に行く方は、第一会場に行きがちなんですよ。隅田公園に近いので、非常に込んでいます。浅草寺周辺も会場からは近いのですが、立ち止まる事も難しいんです。

座って見るためには遅くても当日の12時までには場所取りをしないと厳しいでしょうね。遅い時間になると警察の規制でひたすら歩かされる羽目に・・・。

ところが第二会場、こちらは夕方18時頃でもさほど込まずに座って見られるんですよ。露店は少ないですが、コンビニが多いので、買い物やトイレも便利。18:00には周辺道路が交通規制になり、江戸通りと春日通りが歩行者天国になるので、そこに座ってみる事も出来ます。ビルの影で見えない場所もありますが、少し移動してみられる場所に移れば十分に花火を楽しめますよ(^^)v

お祭りのワイワイを楽しみたいなら第一会場、ゆっくりと花火を楽しみたいのなら第二会場がオススメですね。第二会場のほうは開始が19:30からで、花火の数も第一会場より少し多め。

どのように花火大会を楽しむかで、会場や時間を決めていきたいですね。

隅田川花火大会に始めて行く時の注意点

初めて隅田川花火大会に行く時に知っておきたい注意点。大規模なイベントなので、マナーを守って楽しみたいですね。最低限知っていたい事をおさらいしてみましょう。

場所の確保は禁止です

花火大会の数日前から通路などへのガムテープ貼り、シート貼りなどの場所取りは禁止です。場所取りは当日にしましょう。当日以外の場所取りは見つかったらすぐに撤去ですよ!!

歩きながらの見学

隅田川花火大会は有料ですが、市民協賛席以外では座ってみる場所はありません。当日は殺人的に人がいるので、歩きながら花火を見る感じになります。

通りには係員がいるので、指示に従いながら立ち止まることなく歩いてくださいね。

持ち物は少なくね

毎年100万人が集まる大混雑です。手荷物は最小にしましょう。忘れ物、盗難などが無いように必要最低限の荷物にしてほうがいいですね。

途中で寄り道が出来ない可能性もあるので、水分は用意しておいた方がいいかも。。。

トイレの位置は確認しておこう

仮設トイレの位置は把握しておきましょう。花火が始まって、仮設トイレはすごい行列になります。できれば見学中にトイレが行く事がないように花火の時間の前にトイレは済ませておくほうがいいですね。

会場に行く前に駅周辺の公衆トイレなどで済ませておくのが安心ですね。

到着したら帰りの切符を買おう

SuicaやPASMOなどを持っていれば問題ないですが、切符を購入しなくちゃいけない場合は到着したら帰りの切符を用意しておいたほうがいいでしょう。帰りの駅は大混雑です。スムーズに帰れるために帰りの切符は買っておきたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今年は隅田川花火大会へ行ってみよう!!と思っている方は状況を少しでも把握して、マナーを守り楽しみたいですよね?

満天の花火で今年の夏をキラキラさせちゃいましょう!恋の花火も打ち上げちゃったりして~(^o^)/

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です