遮光 日傘 効果
夏が近づくと、紫外線が強くなってきますよね。できればシミの原因になるので、紫外線は極力避けたいところです。

さて、昔から日傘を差している方も差していない方も、日傘の遮光効果ってどの程度かご存知ですか?よく、遮光率100%!とかUVカット100%!とかの表示を見ますが、その違いは知っていましたか?

今日は、紫外線対策としての日傘についてワンポイントアドバイスをおこないたいと思います。

100%遮光の日傘はどれほど効果がある?

よく日傘の説明を見ると、「遮光率=100%!UVカット率は99%」などという表示を見かけますが、遮光率とUVカット率の違いは分かりますか?

実は、遮光率とUVカット率というのは中身がまるで違うものなんです。

遮光率というのは、単純に光をカットするものですので、100%となるとそれだけ眩しくないということです。眩しくないだけ、ということなので、日焼けとか暑さとは何の関係もありません。

一方、UVカット率というのは紫外線のカット率のことで、明るさとは一切関係無いのです。

サングラスの例えで考えてみると分かりやすいと思います。 サングラスは色が黒ければ眩しくないですよね?これは、遮光率が高いサングラスと言えるわけです。さらに、サングラスにUVカット100などと書いてあれば、紫外線を大きくカットしてくれるということになります。UVカット100などと書いていない黒いサングラスは、紫外線対策は全くされておらず、ただ眩しくないだけのサングラスですので、瞳孔が開く分だけ危ないとも言えます。

一つだけ気をつけて頂きたいのが、紫外線というのは地面などから反射して肌に照射されている、ということです。
いくら日差しからの直接の紫外線を防ぐ事ができても、地面や壁などから跳ね返って紫外線が身体に当たれば、普通に日焼けしてしまいます。

ですから、日焼け止めはしっかり塗って、その上で日傘を差すなど工夫するようにしましょう。

スポンサードリンク

日傘に効果がある色は?やっぱり黒?

日傘に効果がある色は、白よりも黒である、という考え方がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

実は、紫外線のカットという観点で考えると、色に関してはほぼ関係無いというのが結論なんです。黒の方がUVカット率が高いというのは迷信で、逆に黒の日傘を差していると赤外線効果で熱がこもってしまい、暑くなってしまいますので注意が必要です。

では、日傘で紫外線カットの効果の違いをもたらしているのは何かと言うと、色ではなく生地なんですね。紫外線の透過率に大きな影響を与えているのは、色ではなく生地の厚さなんです。 ですから、生地を二重張りした日傘などはかなりUVカット効果も高いですよね。もちろん、遮光効果も抜群です。

ですから、結論としては白くて厚みのある生地の日傘を差すことで、涼しくいられて、かつ、UVカット効果も高い、ということになります。

とは言え、紫外線は至るところで反射するものですから、かなり大きめの日傘を差さない限りは、気休め程度と意識しておく方が気が楽です。

まとめ

日傘の遮光効果についてご理解頂けたでしょうか?大切なのは紫外線をどれだけカットできるか、ということですね。

また、色を意識するよりも生地を意識して今後は日傘を選んでみて下さい。

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です