正月事始め

何かとバタバタする、年末年始(><)そういえば、年越しの準備っていつからするんだったっけ?

「事始め」やら「事納め」やら聞いたときはあるけど・・・。いったいお正月の準備って実際は何日から始めるのが正しいのでしょう?

由来から探って、今年の年越しはスムーズに準備したいものですね。

スポンサードリンク

正月事始めの由来とは?

「事始め(ことはじめ)」とは新しい仕事にとりかかること、物事のはじまりのことを言います。

「事」にとって、「始め」と「納め」があって、それぞれ違うんです。あ、「事」っていうのは、もともとはお祭り、もしくは祭り事を表す言葉で、コトノカミという神様をまつることです。

12月8日と2月8日の2回あり「事八日」「事の日」など言われました。

この日付の違いは「事」が新年に迎える神様の「事」なのか、田畑を耕し、農耕に勤める人の「事」なのかということ。

年を司る神様を迎えるために、正月の準備を始めるのが12月8日の「事始め」で年越しが始まる日、そして後片付けも全て納まるのが2月8日の「事始め」なんです。

始めと納め、逆なんじゃないの~?って疑問に思いますよね?なぜ年末の方が「始め」で、年明けが「納め」になるかというと、正月行事を中心に考えて、新年を迎えるための準備の「始め」と、正月行事が終わって人が日常生活に戻るのでお正月行事は「納め」て、農作業が始まりますよ~ということだからなんです。

「事納め」は2月8日、これは旧暦で今で言うと3月中旬くらいです。春が来て暖かくなり、さて動き出しますか~という感じなんですね。正月気分はここで終わりってことです。

こうして、正月行事をいう「神事」の期間と、それ以外(日常)と分けると、一方は始まりになり、もう一方は終わりの日となるっていうわけです。

12月13日が正月事始めになった理由とは?

あれ?さっきは12月8日って言っていたけれど、今では12月13日ですよね。では、なぜ12月13日になったのでしょうか。

江戸時代に入ると、12月13日が大吉日にあたることから、この日が「正月事始め(正月の準備を始める日)」として定着し、煤払い(すすはらい)、松迎えなどの正月準備に取りかかる日とされました。

どうせ、新年の準備をするならば、大吉の日がいいじゃないってことで。

なぜ、12月13日がめでたいかというと、平安時代から江戸時代の始めまでの長い期間使われた占いからなんです。この占いには「中国式」と「インド式」があります。

中国式は、中国の星座(二十八の宿)が毎日1つづつ順番に循環していく方式と、毎月の1日の宿が決まっていて、その月の間は順に巡っていくという方式。

そして、インド式は、この中国式の二十八宿から1つ除いた二十七宿が使われました。この方式で、毎年同じ日付は同じ「宿」となり、そして12月13日は「鬼宿日」と呼ばれ、めでたい日と呼ばれます。

なぜこの日かっていうと、その理由は鬼宿の日にお釈迦様が産まれたからだとか・・・。

というわけで、占いによる「おめでたい日」大吉日は12月13日で、新年を迎える準備を始めるのに、ピッタリの日だとされたのです。

スポンサードリンク

正月事始めって何をするの?

さて、「正月事始め」については大体理解できたぞ!で、具体的にはどんなことをしたらよいのでしょうか?

12月13日から、お正月の準備って早い気もしちゃいますよね(^^;でも、そんなことを言っているうちに、あっという間に年末です!

まずは、煤払い。いわるゆ大掃除のことです。旧年中に積もった1年分の煤(すす)を払って、新しい年を迎えましょう。

昔の家では、どこでも囲炉裏(いろり)があったので、まずは、そこからキレイにしよう!というので煤払いです。

現代では、囲炉裏が置いてある家はほとんどありませんが、今でも、神社やお寺では13日に煤払いの行事が行われているところも多いんですよ。1年のホコリは、目に見えるものだけではないですからね~。

自分自身にも積もったホコリも払ってもらって、キレイサッパリ年越しをしたいものです。

大掃除の他にも、年賀状の準備や来年の干支にまつわる縁起物なども用意しなくちゃです。

特に年賀状は、年末になってヒーヒー言いながら書いている人も多いのでは?毎年12月15日くらいから(郵便局のHPでその年の引受日をチェックしてくださいね)年賀状の引受をしているので、余裕をもって準備をしておきたいものです。

できれば25日には投函完了していたいですよね~(^^;

12月13日の正月事始めから、年越しまで2週間!ギリギリで慌てて年越しをするよりも、仕事納め当たりまでに少しずつ準備をして、今年からは静かに年越しを迎えられるようにしましょう!

まとめ

まだまだ、って思っていても1年はあっという間。穏やかに新しい年を迎える為に「正月事始め」今年から意識してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です