修学旅行用バッグ
待ちに待った修学旅行!今まで仲良くしてきた友達や、お世話になった先生との交流を通じて思い出を沢山作ることができる、学生生活のビッグイベントですね。宿泊プランにもよりますが、修学旅行は2泊3日などそこそこ長い旅行になることが多いため、荷物の量もかなり多いものです。普段使っているバッグでは対応しきれず困っている学生さんも多いようです。

大きなバッグは一応持っているけれど、皆と全然違うバッグを持っていくのも気が引ける・・・また、自由行動の時に持ち歩くバッグも考えておかないといけないし・・・

そこで今回は、修学旅行のバッグをどうするか本気で考え始めると意外と悩ましい問題だと気付き始めたあなたのために、修学旅行用のバッグの選び方についてポイントをお伝えします。

スポンサードリンク

修学旅行用のバッグはどんなものがいい

修学旅行用バッグ
修学旅行用のバッグでまず考えるべきは、メインのバッグをどうするか?ということですよね。ここでまず押さえておいて欲しいポイントが一つあります。それは、バッグを考える前に中に入れるものを先に考える、ということです。

先にバッグありきで考えてしまうと答えはなかなか見えないのですが、何を持っていくべきか?何を持っていきたいのか?を考えることで、必要なバッグの大きさや種類が決まるんですね。

また、もう一つのポイントとして、上のポイントと関係するのですが何を持っていかないか?を決めることもとても重要です。

旅行好きの方で、3泊4日の東南アジア旅行にセカンドバッグ一つで行き、何の不自由もしなかったという強者もいます。なるべくなら軽装備で行った方が荷物が軽く済むので良いに決まっています。

次に考えるべきことは、お土産を沢山買って帰ってくることも想定して、キャパを100%にしないことです。 お土産には色々なものがありますが、お菓子を両親や地元の友達の分まで買ってくるだけでも、キャリーケースの半分が埋まってしまいます。 ですから、容量をパンパンにするのではなく、バッグ内に余裕を持った状態で出発するのが賢いですね。

ブランドですが、あまり奇をてらったものではなく、定番のナイキ・プーマなどのスポーツ系やノーブランドのシンプルなタイプのバッグで充分でしょう。ブランド物のバッグを持って行っても浮いてしまうだけであまり意味はありませんので、どうしてもブランドにこだわりたければ、ファッションやセカンドバッグで差をつけるようにしましょう。

最後に、メインバッグとしてはキャリーバッグかボストンバッグのどちらかがほぼ主流と言えます。最近は、男女問わずキャリーケースが多いようですね。サブバッグ(セカンドバッグ)、つまり自由行動時のバッグとしては肩から提げるショルダーバッグやウエストポーチ、普通のリュックなどバラバラな傾向のようです。

修学旅行に持っていくべきはボストンバッグ?キャリーバッグ?

修学旅行 ボストンバッグ キャリーバッグ
昔はキャリーバッグがとても大きく重かったので、修学旅行程度でしたらボストンバッグが主流でした。 しかし、現在は軽量化されたキャリーバッグも多数あり、オシャレなアイテムも多数あるため、キャリーバッグの方がメジャーになっているようです。学校によっては、生徒の80~90%がキャリーバッグというところもあるそうです。もちろん、最後は友達と相談しながら決めると楽しいですしオススメですよ。

修学旅行でキャリーバッグが人気の理由

やはり、持ち運びやすさが一番のメリットですね。転ばせばいいだけですから(笑)特に帰りは疲れているしお土産で重くなっているので、コロコロ転がるキャリーバッグは大変便利です。

飛行機や電車を利用することがあるなら、空港内や駅構内の移動が多い時にキャリーバッグはとても便利ですね。また、新幹線などでは、座席を背中合わせにした隙間の空間にすっぽり入れて移動できるのでとてもスマートです。

最近の修学旅行は、荷物をすぐにホテルに預けるケースも多いので、キャリーケースでなければならない理由は無いと思いますが、それでも小学生や中学生、あるいは身体の小さい高校生でしたらキャリーケースの方が便利ですよね。 特に女子は重い荷物を肩がけするのはキツイでしょうから、キャリーケースが無難でしょう。

修学旅行用バッグにボストンバッグが人気の理由

そもそもキャリーケースはバッグ自体にかなりの重量があります。キャリーケースは転がせば楽というイメージがありますが、段差や階段などでは結局持ちあげなければならないというデメリットがあることを忘れてはいけません。もし、移動先に段差が多いか、あるいはあまりイメージできていないようであれば、階段などでは逆にボストンバッグの方が楽に突破できるというメリットがありますね。

あとは、キャリーケースだとどうしても後ろ側1~2mくらい場所を取ってしまいますので、団体で持ち歩くには他の人の邪魔になってしまうというデメリットがあります。ボストンバッグを肩に担いだ方が場所を取らず迷惑をかけないので便利かもしれませんね。

もし修学旅行が国内で新幹線の利用をメインとするのであれば、網棚に乗せやすいという理由でボストンバッグをオススメする方も多いです。

スポンサードリンク

修学旅行の自由行動に使えるバッグはどんなものがある?

修学旅行 自由行動 バッグ
最後の悩みは、キャリーケースかボストンバッグを持ってホテルに入り自由行動になった時のバッグをどう選ぶか?という点です。 全ての荷物を持つわけではなく、現実的には財布や筆記用具、タオルやお茶など最低限の装備で良いはずです。 そうであれば、リュックや肩がけショルダーバッグが無難で良いかと思います。

最近はおしゃれリュックのラインナップが豊かですので、オシャレで遊ぶならここでしょうね。 もともとリュックは両手が空くから楽ですし、装備も最小限ですから形や見た目にこだわるならココですね。
おしゃれリュックみたいのが良いかなぁ。リュックははやってるし、両手が空くから楽だと思います。

あともう一つオススメが 3way のバッグです。手提げでもいけるしリュックにもなるし肩がけにもなるタイプのことですね。使い分け方としては、普段はリュックにしておいて、混雑する交通機関などでは手提げにし、頻繁に中身を取り出す機会が多い時は肩がけにするなどすれば、状況に合わせてスマートに対応できます。

もう一つオススメなのが、小さく折りたたんでおけるエコバッグを1枚入れておくことです。バッグに入りきらない荷物量になった時のために用意しておくわけです。バッグ自体は軽いので負担は全く無いと言ってもいいでしょう。

最後に管理人の個人的なオススメですが、もしリュックスタイルで自由行動されるようでしたら、横からモノを取り出せるファスナーが付いたリュックは本当にオススメです。3wayが無い時はこの横付きファスナーのお陰で、スムースに物を取り出したり入れたりできますので、団体行動で急いでいる時などには重宝しますよ。

まとめ

いかがでしたか?せっかくの修学旅行ですから、沢山の思い出を作るためにも準備万端で臨みたいですよね。まずはキャリーケースかボストンバッグを選び、次にセカンドバッグとして何を選ぶかという順番で考えていきましょう。 特に、自由行動の時は写真を取ったり何かをメモしたり、お土産を買ったりと忙しく動き回ることも多いので、ポケットから物を取り出しやすくしまいやすい状況を作ることがポイントです。

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です