女性 薄毛 ウィッグ
なんだか最近、髪の毛に自由が無くなってきた・・・。そんなお悩みはお持ちでないですか?今は女性も薄毛に悩んでいる人がたくさんいます。

毎日がんばるのは素晴らしいことだけど、がんばった分だけ生活習慣が乱れたり、ストレスも多くなります。

そして更にヘアスタイルも思うように行かないし、人目が気になって仕方が無い!!なんてストレスを加速させては、悩みはちっとも解決できません。

そんな時、フッと頭をよぎるのがウィッグ。少しでも心が軽くなるならば使ってみようかなと考えているあなたへ。ウィッグについての基本情報を教えちゃいます。

スポンサードリンク

女性の薄毛対策にウィッグってどう?

女性 薄毛 ウィッグ
女性は特に見た目の美しさにこだわりたいもの。気になってしまったら、もう解決するまで悩んで仕方が無いんです。

とりあえず、キレイでいるために気になる部分は隠しておきたい。

髪は女の命とまで言われているし、ヘアアレンジを楽しめるのも女性の特権ですよね。そんな大切な髪の毛が薄くなってきてしまったら・・・(><)

何も無かったように髪の毛をなびかせたいけれど、ウィッグってどうなのかしら?

薄毛は気にしたくない!気にしてしまうと、そのことがストレスになってしまって更に毛が抜けてしまう原因にもなりかねません。

ったら使ってみたいですよね?ウィッグ!見た目に自信が持てる事で、気持ちも変わりますから(^^)

初めて使うのであれば、分からない事だらけ。頭皮と自毛に負担はかけたくないですから、選び方にも注意が必要です。

日頃から日常的に使う場合は、ウィッグのネットが頭を締め付けないものをかぶることが大切。安いものだと頭をゴムなどで締め付けるものもあります。

頭を締め付けてしまうと、かゆくなったり、血行が悪くなってしまったりしてしまいます(><)

少し高くてもオーダーメイドにすれば、色やスタイルに合わせて作ってくれるので、とにかく自然な仕上がり。

「オシャレで使っているのよ~」

っていうくらいの軽い気持ちで使えます。帽子感覚ウィッグを楽しみたいですね。

自分に似合っているかどうか、という視点で選べばいいのです。オシャレをすることは、自分磨きのスパイスになりますから(^^)v

ウィッグを使うメリットは、何と言っても毎朝のセットが必要なくなる事!自毛をまとめて、かぶったらピンなどで固定して、あとはブラシでとかすだけ♪とっても楽チン。

気分によってヘアスタイルを変える事も可能です。

医療用のウィッグなどもあって、少し手軽な値段で自然なものが手に入ったりするので、こちらのウィッグもチェックしてみてはいかがでしょうか?

一方でウィッグはデメリットも。。。

ウィッグ デメリット
もちろん、良い事ばかりではありません。出来れば、自毛で生活したいワケですから、ウィッグの制約も出て来てしまいます。

例えば、みんなで旅行って時に温泉とかは厳しいですよね。人前でシャンプーが出来ないし(><)

温泉って、汗をじんわり出してデトックスするのが醍醐味だったりするのですが、ウィッグ部分って自毛と違って汗で濡れないんですよ。だから、汗の出し方が不自然なんです。

風が強い日なんかは、飛んでしまわないかハラハラしちゃって、気が気じゃありません。

そんな不安を解消するのに、周りにいる人(親しい人)にカミングアウトするのだって・・・タイミングが難しいですよね。

気にしないような関係、ありのままの自分を受け入れてくれる人ばかりだったら心配ないのですが・・・。でも、だったらウィッグで隠す必要も無くなりますからね。

そんな周囲の目が気になる面でのデメリットはもちろんですが、自分自身にふりかかるデメリットも考えなければなりません。

スポンサードリンク

最近は技術が進歩して、パッと見ただけではウィッグだと分からないし、頭があまりムレないように出来ています。

っっが!完全にはムレないワケではないし、装着部分に余計な負担をかけていることにもなります。

頭がムレると、細菌が繁殖しやすい状態になってしまって、炎症が起こりやすくなり、抜け毛を増やしてしまう可能性も(><)これでは、薄毛を隠しているために自毛が無くなっていく・・・本末転倒ですよね。

そして、1つ買ったら一生使えるというものではないので、何度も買い替えることになります。

メンテナンスなども含めたら、トータルするとかなりの高額に!!

人毛タイプだと自然な仕上がりですが、お手入れが面倒だし、高価です。だからといって、人工毛は人毛より安いけれど不自然に・・・。

さて、どうしたものかと悩んでしまいますよね。そんなことから、精神的に常に制限があるのでストレスを抱えてしまいます。

いつバレてしまうかなんてことも考え始めてしまったら、不安で仕方が無いですよね。

ストレスは、血管を収縮させて、全身の血行を悪くしてしまうそうです。ますます髪に良くないです。

意識の面でも、マイナス面が出てきます。ウィッグに慣れてしまうと、育毛に対する意識が弱くなってしまって、いつまでも自分の髪が増えてくれません。

対策に本腰を入れることを忘れずに!

女性 薄毛 対策
女性は男性に比べて薄毛が治りやすいんです!いつまでもウィッグに頼っていて自毛を増やせないのはもったいないですよ?

以上のようなデメリットを考えると、やっぱり自分の髪の毛が良いに決まってます!

薄毛が解決するまでのつなぎとしてウィッグを考えるのはアリだと思いますが、本格的に育毛に取り組むことをオススメしたいです。

ウィッグにかける労力と精神力と経済的なことを考えれば、自毛を取り戻すことに全力を注ぎたいですよね?

今は、薄毛に悩んでいる女性がたくさんいます。専門医もいますので、ぜひ一度相談されてみてはいかがでしょう?

皮膚にメスを入れずに育毛治療してくれる|ヘアメディカルビューティー

ヘアメディカルビューティーは、10代から90代まで幅広い年代の薄毛に悩む女性が訪れる、女医がおこなう女性のための頭皮治療クリニックです。

薄毛の原因は、ホルモンバランスの崩れ出産ストレス過度なダイエットなど様々です。頭皮治療専門医師に診てもらうことで、薄毛の本当の原因が分かり、適切な治療法を教えて頂けるのが最大のメリットと言えます。

そして、なんと!既に市販育毛剤ウィッグ使用経験がある方は、患者数全体の70%にも昇るそうです。

それだけ女性の薄毛は自己流で治すのは難しいということなのでしょう。

また、治療はメスを入れておこなうことは無く、サプリメントの処方を中心におこなっていきますので安心ですよね。

初診料は5,000円かかりますが、その後は通院費として月15,000円~30,000円程度で個別に診察して頂けます。

「高くない。。。???」

と思われるかもしれませんが、期間は半年間に区切られていますので、短期決戦で一気に対策しようと思えれば、それほど高い投 資にはなりませんよね?

初回のカウンセリングは無料ですし、カウンセリングで営業されることはあり得ませんので、現状の薄毛の原因や進行具合客観的に把握する意味でも、ウィッグをつける前に一度無料カウンセリングを受けられてはいかがでしょうか?

ウィッグをつける上での注意点

さて、ウィッグを使用するならば、より快適にストレスをかけないように使いたいですよね。

そのために、少し知っていれば不安やストレスを解決できることもあります。ウィッグをつける上で注意したいことを紹介いたしましょう。

ウィッグで頭が痛い
ウィッグをつけていると、キツくて頭が痛くなってしまう事もあります。そんなときの対処法ですが、ウィッグの大きさを調整出来るアジャスターに注目。

基本的にはウィッグにはアジャスターが付いています。かぶりながら、大きさを調整して、自分に合ったサイズにすることが大切です。

もし、それでも頭が痛くなってしまうようでしたら、ウィッグ用のネットを使わないというのも1つの解決方法です。

自毛の長さがそんなに長くない場合は、ネット無しで、後ろでまとめるだけでもキレイにウィッグをかぶることができます。

ウィッグの髪型が気に入らない
形が気に入らなければ、好みにカットしましょう。使っていれば、だんだん痛んでくるのは当然ですから・・・。

お気に入りの形、そして痛んだ部分はカットしてゆけば、再びきれいな状態になりますよ。

ただ、自毛と違って伸びないからね(^^;失敗しないように慎重にカットしてください。

不安であるならば、美容師さんにお願いするのがオススメ。カラーやカットのついでにウィッグもカットしてくれますよ。プロに頼めば安心ですね。

やっぱりバレたくないよね
ウィッグにも種類がいくつかありますが、フルウィッグはバレやすいです。なぜかって、生え際が不自然だから(><)

そんな時はヘアアクセサリーや帽子などのアイテムで自然に見える工夫をしてみましょう。

選ぶときに、毛のテカリ具合、カールの自然さに気をつけてみると自然なウィッグが見つかります。

薄毛のサイズ的に可能であれば、ハーフウィッグの方がバレにくい。自毛を生かして利用するので、自然になじんでくれますよ。

あとは、付け方にもポイントがあります。そんなに難しくはないですが、ポンッと頭に乗せれば良いってことでもないのでね。

動画を参考に、ぜひお試しあれ。慣れてくれば、チョチョイノチョイです♪

まとめ

抜け毛はストレスが大敵!気持ちに余裕がなかったり、不安ばかりを抱えていたら薄毛は進行するばかりです。

少しでも心の不安や負担を軽くする為に、ウィッグで肩の荷を降ろしましょう。そして、いつかは自分の毛でオシャレができるように、努力も惜しまないようにしてくださいね。

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です