バレンタインデー 由来
身も凍えるような寒さの中、甘い季節がやってきます♪

女の子は気持ちにリボンをかけて、チョコレートに想いを託しますね。それがバレンタインデーです。

なんだか毎年、当たり前のようにチョコレートを準備するけれど、いったい本当はバレンタインデーってどんな日なのでしょうか?

スポンサードリンク

2月14日がバレンタインデーと呼ばれるようになった起源は?

バレンタインにチョコレートを好きな人にプレゼントをする日・・・というのは、海外が発祥です。後に日本で広まるようになりました。

このバレンタインという言葉の発祥は、実は人の名前なんです。3世紀のローマにいたキリスト教の聖人聖バレンタイン

イタリア語にすると「ヴァレンティーノ」さん。

当時のローマ皇帝は、兵士達の戦意を削いでしまうという理由で、若者の結婚を禁止しました。恋愛にうつつを抜かしてないで、戦え~!!ってことですよね(^^;

そんな時代の中、聖バレンタインは、若者達に秘密で結婚をさせていました。愛し合う事に罪はないし、それを許さないことの方が罪だと考えれば、若者の結婚を許す事が大切と考えたのでしょうね。

本来は愛する気持ちは、そもそも戦いを生まないのでは・・・?などとも思ってしまいますが。

当時はローマ国教という宗教がキリスト教よりも優勢で、キリスト教徒であったバレンタインも、宗教を乗り換えないか?と命じられていたのですが、それを断り処刑されてしまうんです。

信じるもの、愛するものから目を背ける事ほどツラい事はありません。

このバレンタインさんが処刑をされた日が、バレンタインデーの日。現代の2月14日というわけです。

当時のローマでは、2月14日は「家庭と結婚の女神」の祝日であったそう。なんとも皮肉な日取りですよね。そして、次の15日は、カップルを誕生させる祭りの日(こちらについては後ほど)。

2月14日、バレンタインが処刑された日は、たくさんのカップルが結ばれた祭りの前日。このため、キリスト教徒にとってこの日は「恋人達の日」となったとされているんです。

スポンサードリンク

バレンタインはカップル成立の日?

2月には、のちにバレンタインの由来となるお祭りがあります。そのお祭りの内容とは、未婚の女性の名前を紙に書いて、それを集めます。そして翌日に未婚の男性が女性の名前が書いてある紙を引いて、出て来た名前の女性とおつき合いをする・・・というもの。

くじ引きでカップル決めちゃうのかよっっ!!!と言いたくなってしまいますが(^^;こうやって恋人を結ぶお祭りがあったんですね~。

ところが、このお祭り「風紀を乱す」という理由で殉職した聖バレンタインを祭る行事に変更してしまいました。

この時代は愛だの恋だのって、あんまり公に楽しんではいけなかったのでしょうかね?

このように、

2月14日はカップルを誕生させる祭りから、聖バレンタインを祭る日となり、そしてまたキリスト教によって見直されて、バラやメッセージカードを贈り合うという内容のイベント

へと変わってゆきます。

これが、バレンタインデーは「恋人達の日」と言われるようになった流れなんですね。

バレンタインデーにはなぜチョコレートなの?

バレンタインデーといえば、チョコレートですよね♪ 毎年この時期はチョコレート売り場が、ハートだらけになります(*^^*)。

では、なぜバレンタインデーにチョコレートをプレゼントするようになったのでしょうか。

元々はイギリスのチョコレート会社が考え出したもの。ギフト用のチョコレートを作り、それに合わせて広まったのです。

日本では1936年バレンタインチョコの広告を出しました。それ以降、チョコレートの消費が増えていくのに合わせて日本でもバレンタインチョコが広まったんです。

参照元:洋菓子のモロゾフ

昔はチョコレートは贅沢品。なかなか手に入れるのは困難だったのです。今では手軽にいつでも買えますよね。そうやってチョコレートが身近になることで、プレゼント用の少し贅沢なチョコレートを想いと共に捧げましょう♪ということなのです。

まとめ

いかがでしょうか?1年を通してのイベントは、何かと商売がらみのものが多い気もしますが・・・(^^;

でも、女の子の気持ちがチョコレートのように溶けやすく甘いのは間違いないよね♪「恋人たちが結ばれる日」に、少しの勇気とあふれる恋心でステキなあの人に想いを告げてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です