結婚式 ワンピース 黒
親しい友人から、結婚式の招待状が届いたけれど・・・。

初めてだから何を着ていけばいいのか分からないし、どんなものを選べばマナー違反と思われないのかな? と悩む若い女性もどこかにいるはず。

ショップに行っても、なに着ても「良くお似合いですぅ〜」なんて言葉しか返ってこなくて、悩みが解消するどころか余計にモヤモヤ。

そんな方、必見! 今更聞けない結婚式に着ていく服のマナーについて、解説いたします。

スポンサードリンク

結婚式に着ていくワンピース、黒ってアリ?ナシ?

結婚式に着ていくワンピース、黒ってアリ?ナシ?
一生に一度の晴れ舞台。その場に招待されたとあれば、花嫁・花婿に華を添える役割を買って出ましょう。

特に女性は華やかなドレスを身に纏って、会場を彩ることが出来るのですから、ワンピースドレスをはじめ、小物に至るまで選ぶのに頭を悩ませますよね。

お店に並ぶワンピースにはピンクやブルー、グリーンにパープルとさまざまですが、タブーとされる色があることをご存知ですか?

それは「白」。

純白のドレスは、花嫁にだけ許された色です。それを参列者が着ているとあっては、見る人を不快にさせてしまう恐れもあります。

パッと見た時に白っぽく見える薄いピンクや、クリーム色なども避けた方が良いでしょう。

では、黒はどうなのでしょう?

喪服の色が黒ですから、黒にはあまりお祝い事には向かない印象を抱いてしまいます。

確かに全身真っ黒だと、暗〜い印象を持たれることは間違いありません。

けれど、光沢のある生地を選んだり、バッグやアクセサリーなど、小物を上手に使って華やかに演出すれば問題ありませんよ。

デザインもシンプルなものではなく、スパンコールやビジューをあしらったキラキラしたもの。大きなコサージュなどで顔周りが華やかに見えるものなど、工夫をしてみましょう。

そもそも親族の女性は黒留袖を着用しますので、黒がマナー違反なんてことはないのです。

それに黒には流行り廃りというものがありませんから、長く使えるのも好ポイント!

結婚式にお呼ばれしたけど、パンツスタイルってNG? ドレスじゃないとマナー違反?

結婚式にお呼ばれしたけど、パンツスタイルってNG? ドレスじゃないとマナー違反?
近年、結婚式の招待客にちらほらとパンツルックの女性を見かけます。

正直言って、賛否が分かれる服装ですよね。

「アリ」か「ナシ」かと言われれば、限りなくグレーゾーン。

「女性だからワンピース姿でなければならない」
という決まりがあるわけではないのですが、正直に言ってドレスアップしているようには見られないのです。

しかも男性招待客は、皆さんスーツ姿。その中で、華やかなドレス姿で式場に色を添えられるのは、女性だからこそ。

光沢あるサテン地の軽やかなオールインワンのものもありますが、あれって似合う人はごく少数です。

海外モデルのようにスラッとした長い脚、高身長であれば似合いますが、一般的な日本人女性には、着こなすのが少し難しいデザインですね。

似合う人が着れば「カッコいい」といったクールな印象を持たれるのですが、似合わない場合には「ずんぐりむっくり」とした残念な印象に。

異素材切り替えのものにしたり、ウエスト位置を高く見せればなんとかなる場合もありますが、着こなす自信がないのなら避けた方が無難でしょう。

「ど〜してもパンツスタイル」じゃなきゃダメ!なのであれば、だらしなく見えてしまいがちなオールインワンのものを避けるのがベスト。

素材はシフォンやシルクなどの柔らかく、透け感のあるもの選びましょう。

ヒールは出来るだけ高めのものを! つま先が出るオープントゥのものはカジュアルに見えてしまいますので、ほっそりとしたつま先のアーモンドトゥなどがオススメです。

細長スタイルのポインテッドトゥだと、キツい印象になりがちなので、フォーマルな席では避けた方が無難です。

アクセサリーは、キラキラのビジュー系よりも、より女性らしい柔らかな輝きを放つパール系がオススメ。

小物や素材に気をつけて、パンツスタイルをオシャレにキメてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

結婚式って大出費! ワンピースはなるべく低予算で見栄えのするものにしたい

結婚式は、するほうも呼ばれるほうも、金銭面で頭を悩ませるものです。

特に招待された側は、ご祝儀衣装代、ヘアメイク代、それから移動費などなど・・・考え出したらキリがないほど、出て行くお金が多いもの。

昔は遠方からの参列の場合には「お車代」が別途出ましたが、今の若い人などは、低予算の挙式・披露宴にするケースも多く、交通費や宿泊費などは自腹ということが多いのだとか。

かといってご祝儀はケチれないし・・・。となると、コスト削減できそうなのは、ファッション面となってしまいます。

でも見るからに安物を着ていったら、あとで何を言われるか・・・。となるのが、女性にのしかかる悩み。

しかも別の友達の結婚式に着ていったドレスだと「それ、前と一緒だよね」なんて、思われるのが嫌で、新調しないといけないのもツラい・・・!

一般的に、結婚式などに着ていくフォーマルドレスの相場は、安いもので1万円〜2万円程度。

ブランドものを買おうものなら、5万円はするのが当たり前!

安く抑えたいけど、安っぽくみえるのが嫌なら、小物でランクアップさせてしまいましょう!

キラキラのビジューは、顔周りが華やかに見えるのでついつい選んでしまいがちですが、ガーデンウエディングなど明るい光の下で見ると、明らかに安物!とバレてしまいます。

オススメはパール!そんなパールのアクセサリーは、コットンパールと呼ばれるものを選びましょう。

低価格のフェイクパールは、光沢を見れば「安物だなぁ」と気づかれてしまいます。その点、コットンパールなら独特の凹凸から生み出される光沢が、エレガントな印象を与えてくれます。

大きさの異なる2連、3連のネックレスでも、コットンパールなら嫌味なくつけられます。

それからバッグは、小さめのクラッチがオススメ。

財布やハンカチ、ファンデーションにグロスなど、必要最低限の荷物が入れば十分です。

大きな荷物は式場のクロークに預けられますので、極力身軽に。

普段使いのバッグを式場に持ち込む方もいるようですが、あれって見ている方からすると、とても残念な感じになるんですよね。

奇抜になりすぎない程度に非日常感を演出するのがポイントです。

まとめ

お祝い事だから、あれこれマナーや服装にかける予算を口に出して言うのは憚られますよね。

でも実際問題、予算はきっちり決めておきたいし、使い回しのできる黒いワンピースなんかを選べたらいいのに、と思いませんか?

そんなときは今回の記事を参考にして、上手に乗り切ってくださいね!

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です