ハロウィン
日本でもすっかりお馴染みのイベントとなった「ハロウィン」。毎年10月31日になると、夜な夜なコスチュームに身を包んだ人達が街中に溢れかえりますね~。

でも、そもそもハロウィンって何なのか、その由来や起源って知ってました?

また、ハロウィンといえば顔の形にくり抜いたかぼちゃとセットのイメージですが、そもそもハロウィンとかぼちゃの関係って何でしょう??

さらに、ハロウィンと言えば仮装!と誰しも思い浮かぶでしょうけれど、どうしてハロウィンになると仮装するのでしょうか?

今日は、誰かに聞こうにも聞けない、ハロウィンの基礎知識について、どこよりも詳しく解説していきますので、是非確認していきましょう。

スポンサードリンク

ハロウィンとは何か?その由来と起源

ハロウィンの起源を知る最初のキーワード、それは、「諸聖人の日」です。
諸聖人の日

11月1日は「諸聖人の日」

諸聖人の日(しょせいじんのひ、ラテン語: Sollemnitas Omnium Sanctorum、英: All Saints’ Day)は、カトリック教会の祝日の一つで、全ての聖人と殉教者を記念する日。古くは「万聖節」(ばんせいせつ)と呼ばれていた。カトリック教会の典礼暦では11月1日。

引用元:諸聖人の日 – Wikipedia

実際にイギリスやフランス、その他カトリック諸国では、11月1日は諸聖人の日として祝日となっており、静かに故人を祭る習慣があるそうです。

日本以外の国でも、故人を祭る日があったのは驚きですよね。

でも実は、カトリックでは、4世紀頃からその習慣は存在していたようです。ただし、カトリックにおける故人というのは、殉教者・・・つまり、熱心なカトリック信者だった方々を祭るという限定的なもので、日本のように無条件に先祖を祭るという慣習とは違っていたようです。

他にも、日本ですとお盆というのは特定の日ではなく、お盆期間というイメージがありますが、カトリックの場合は、11月1日のみを諸聖人の日として、故人を偲ぶ日にしている点も異なる点ですね。

なお、「諸聖人の日」は、その昔は「万聖節」と呼ばれていたようです。

11月2日は「死者の日」

さらにややこしいのが、翌日の11月2日が「死者の日」と呼ばれ、こちらも死者を偲ぶ日としてカトリックでは重要視されているんですね。

11月1日は「諸聖人の日」で、全ての聖人と殉教者を記念する日。
11月2日は「死者の日」で、全ての死者の魂のために祈りを捧げる日。

・・・ん?被ってない??と思われましたか? はい、私も最初はそう感じました(笑)

実は、カトリックでは、「死者」には段階があると考えられています。

平たく言いますと、人は罪を背負ったまま死にますと、まず煉獄と呼ばれる、天国にも行けず地獄にも落ちなかった人がとどまる中間地点に飛ばされ、苦しい罰を受けることで魂が清められ、ようやく天国に行けるそうです。

死者の日は、生きている私達から煉獄に居る死者の方々に向けて、無事に苦しい罰を受けきって、どうか天国に行かれますように・・・とお祈りする日。

一方、諸聖人の日は、天国にいらっしゃる神様や、既に天国に到達された殉教者の皆さんに対してお祈りをする日、という違いがあるようです。

なお、「死者の日」は、その昔は「万霊節」と呼ばれていたようです。

諸聖人の日は「万聖節」で、死者の日は「万霊節」。 上記の説明ともなんとなく一致しますね。

10月31日は「諸聖人の日の前夜 ”Hallows Eve”」が語源

Hallows Eve
ようやくハロウィンの話にたどり着きました。

10月31日は、カトリックにおける「諸聖人の日」の前日に当たります。諸聖人の日は英語で “All Hallows” と呼ぶそうです。

これに、前夜という意味の eve を加えて、”Hallows Eve”と呼ばれていたようです。

12月25日がクリスマスで、前日の12月24日がクリスマスイブと呼ぶ関係と全く一緒ですね。

この、Hallows Eve が19世紀以降のアメリカで訛って Halloween = ハロウィーン となったと言われています。

※実際は、アメリカではハロウィンのことを今でも All Hallows’ Eve と呼んでいたりもします。映画もあるくらいです(笑)

以上がハロウィンの語源です。なお、カトリックでは、10月31日は典礼暦に入っていないため、一切の教会行事がありません。つまり、ハロウィンは、「諸聖人の日の前日」という言葉通りの意味しか持たない日だったのです。11月1日の諸聖人の日がメインイベントで、ハロウィンは単純にその前日という意味でしか無かったというわけですね。

あれ?でも、かぼちゃとか魔女とかTrick or Treatは?と思われましたよね。

実は、かぼちゃを使ったり魔女の衣装を着たりする習慣は、カトリックではなく、別の文化からの流れを受けていたのです・・・

ハロウィンに欠かせないかぼちゃの由来は?なぜ「かぼちゃ」?

ハロウィン かぼちゃ
日本やアメリカなど、現在様々な国で派手に催されるハロウィーンパーティー。実は、10月31日にこうした行事をおこなう慣習は、カトリックが起源ではなく、アイルランド人や、紀元前にアジアからヨーロッパまで広く分布していたケルト人の慣習が元になっていると言われています。

ケルト人は1年の終わりを10月31日としていました。この日の夜は1年の中でも特別な夜で、死者の霊が家族を訪ねてくると考えられていました。

死者の霊が親族だけだったり、いい霊しか来ないなら良いのですが、どうやら死者の霊の中には怖い魔女や悪魔も混じってしまうようでした。

そこで、悪い霊から自分たちの身を守るため、仮面を被ったり火を焚いたりして魔除けをしていたようです。

この、魔除けの火にちなんで作られたのが、かぼちゃをくり抜いてその中にろうそくを入れることで、日本の「送り火」のような役割をもたせたという、あの有名なジャック・オー・ランタンです。

※送り火というのは、死者の霊を導く役割を持っており、例えば祖先の霊であれば、自宅の場所を教えてあげる役割を持ち、悪霊であれば室内に近づかない魔除けの役割を持っています。

では、なぜかぼちゃなの???という疑問が残りますが、実はこれはアイルランドの昔話が元になっているんです。

以下、概要をかいつまんで解説します。

スポンサードリンク

ジャック・オー・ランタンの昔話

むか~しむかし、人を騙す事が得意なジャックという悪人がいました。

彼のところに悪魔がやってきて、「お前のような悪人は地獄では高く売れるので買ってやるぞ!」とジャックを脅しました。

するとジャックは、「では、売られる前に現世で遊びつくしたいから、決して無くならない銀貨に化けてくれ」と悪魔にお願いしました。

悪魔は10年間という期限付きで了承し、ジャックはありとあらゆる遊びをし尽くしました。

そして10年後、悪魔は銀貨から元の姿に戻り、ジャックに言います。「さぁ、約束の10年は過ぎた。地獄へ行くぞ。」

しかし、ジャックは言います。「そうか、それでは最後に美味しいリンゴが食べたいので、一つ取ってきてくれ。」

悪魔はジャックの言うことを聞き、りんごを取りに木に向かいました。

すると・・・りんごの実の側の幹に十字架が書かれており、悪魔は身動きできなくなってしまいました。

なんと、ジャックはあらかじめ木の幹に十字架を書いていて、悪魔を騙したのです。なんという悪人でしょうか。

ジャックは悪魔に詰め寄ります。「俺を地獄へ行かなくても良いと約束するなら呪いを解いてやろう」

悪魔はたまらずに約束してしまいました。

そして数十年後・・・ジャックが死に、魂となった時、別の悪魔がジャックのもとにやってきます。

しかし、ジャックは地獄へ行かなくても良いという契約を結んでいるため、悪魔はジャックを地獄に連れていけません。

ジャックは、思い通りに事が運んだことに大変満足し、「俺は地獄へは行かず、天国に行くんだ」と1人笑い始めます。

ところが、天国の門へ辿り着いたところで、門番がジャックを止めてしまいます。

「お前は沢山の人を騙した悪人だから、天国へは入れてあげません。」と。

天国から拒絶され、地獄へも行けなくなったジャックは、カブをくり抜いた中に石炭を入れた灯りを持って

今も天国と地獄の間を彷徨っているのです。
(お話終わり)

この時ジャックが持っていたカブにちなんで、ケルト人やアイルランド人はハロウィンになるとカブをくり抜いていたようですが、19世紀以降になって、アメリカでかぼちゃに取って代わったとされています。

ハロウィンで仮装するのはなぜ?その由来は?

ハロウィン 仮装
もうここまで説明すれば、ハロウィンで仮装する理由もお分かりですね?

10月31日は、アイルランド人やケルト人にとっては1年の最後の日であり、死者にとっては、現世にて死者の門が開く唯一の日でした。死者の中には悪霊も混じっており、魔物に魂を取られることを恐れた人間が、魔物の格好をして悪霊の目をごまかしてやり過ごしていた、という慣習がその由来と言われています。

今では魔女や獣だけでなく、ありとあらゆるコスチュームを身にまとい、お祭りとして楽しんでいますよね。

でも、実は先ほども触れましたが、カトリック教会では10月31日に一切の教会行事は存在せず、あくまでも民間行事とされています。

また、国によってこの時期の過ごし方は異なっていて、例えばアメリカはハロウィンパーティーの発祥の地と言われていますが、もともと19世紀頃はまだカトリック信者が少なかったこともあり、10月31日にハロウィンパーティーをド派手に過ごして、11月1日や2日にはほとんど何もしていなかったようです。

一方、一部のプロテスタントの国ではハロウィンを祝うのはけしからんとして、10月31日には何もせずに過ごし、11月1日と2日に厳かなお祈りをおこなっているそうです。

日本は・・・日本らしさがここにも現れていますが、10月31日は「仮装の日」とでも言ってよいくらいどんちゃん騒ぎをしますが、11月1日や2日には特に何もしませんよね?(笑)

まとめ

以上、ハロウィンの由来や起源についての解説とさせて頂きます。

ケルト人の慣習やカトリックの歴史を紐解くと、もっともっと細かくて複雑な文化や慣習の交流があるので、興味がある方は是非深堀りしてみて下さい。

そして、10月31日だけでなく、11月1日や2日の教会行事にもちょっとだけを興味を持ってみた方は、是非ミサなどに参加してみると楽しいかもしれませんよ。

■ハロウィンの由来・起源の勉強になるサイト
教会歴のはなし

ジャック・オー・ランタン Jack-o’-Lantern <ハロウィン 世界のこわ~い話 特集> 福娘童話集

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です