雑煮
結婚して初めて迎えるお正月・・・。

自分は西のほうの出身だけど相手は東のほうの出身・・・お雑煮の味付けどうしよう?なんて新婚の時に悩んだ方も多いのでは?

お正月に食べるものは譲れない!という人が多いため、正月早々喧嘩の原因となってしまうこともある雑煮の味付け。

本当に日本全国でいろんな雑煮を食べているのか?気になる各地の雑煮事情について調べてみました!

スポンサードリンク

お正月の雑煮は日本全国で様々

お正月の雑煮は日本全国で様々
雑煮の種類が全国各地に特徴があるというのは周知の事実だと思いますが、それは汁の味だけと思っていませんか?中に入る具材やお餅の形など実に細かく様々な違いがあります。

実際にはどのように違うのか見てみましょう。

丸餅
丸餅を焼く奈良風、煮る京都・広島・徳島・福岡といったように分かれます。

お雑煮に丸いお餅がある、というだけでもびっくりでした。初めから軽くカルチャーショックです。

角餅
角餅を焼く東京をはじめとして鳥取福島・岩手新潟などの地域。

煮る北海道名古屋富山風となるそうです。

こう見ると、近い地域で特色が固まっているというわけでもなさそうですね。益々雑煮の謎が深まります。

次に特色のある具材で見てみましょう。

鳥取の雑煮はぜんざいのように小豆で覆われています。もうそれ雑煮っていうのでしょうか・・・って思ってしまいますが、ご当地では一般的なんですよね。面白いです。

広島には贅沢に牡蠣が入っているそうです。さすが広島は期待を裏切りません!

九州各地では鰤(ブリ)が。個人的には鰤雑煮試してみたいですね〜!ちょっと癖のあるいい汁ができそうですよね!

岩手ではくるみだれが雑煮に添えられるそうです。コクのあるクルミのたれに雑煮から取り出したお餅をつけながら食べるのだとか!想像のはるか上を超えていく雑煮です。気になります。

スポンサードリンク

雑煮が味噌主体の地域は

ここからは雑煮の要といえる汁の味について紹介していきます。

一言で味噌といっても、白みそなのか赤みそなのかこしてあるのか粒がそのままなのかと少し想像しただけでもバリエーション豊かなことがわかりますよね。

味噌を使うのは殆どが西日本の地区ですが、その中でも赤みそが使われているのは福井や神戸などごく一部のようです。

その他京都や秋田、奈良や徳島などで白みそベースの雑煮となっています。

使われるみそはその地域に慣れ親しんだものが主体なので、同じ白みそでも僅かに味が変わるようです。

もし、結婚した相手が味の違いが分かる人間なら、これはうちの地域のみそじゃない!と見破られてしまう可能性もありますね。

本格派を目指すなら、お味噌を取り寄せるところから始めたほうがよさそうです。

雑煮が醤油ベースの地域は

東日本はほとんどがしょうゆベースで、日本全国で見ても醤油が一番多いようです。

しかしここにも落とし穴があります。各地で出汁となるものに差があるんです!

ふつうは昆布と鰹節でだしを取りますが、九州ではトビウオでとったあごだし新潟では雑魚だしなどが有名です。

醤油も薄口・濃口・白醤油などあって・・・もう雑煮の味のレパートリーは無限大に広がっていきます・・・。

西日本では特に汁の透き通った澄まし汁が多いようで、関東方面では醤油の色が濃いスープが一般的です。

ここからは私個人の雑煮についてのお話をさせてください。

私は親元から離れそれなりの年数が経っていますが、自分で作る雑煮にはこだわりがあります。

まず必ず入れるのはエビと三つ葉しょうゆベースですがエビのあたまで出汁を取ります。

餅はあんこもち一択です。大抵の人には嫌がられてしまいますが、しょっぱさと甘さの融合が最高なんです。

大福は軽く焼いてから汁に投入します。

地域の特色とかは関係なく、自分の好みだけで行き着いたオリジナル雑煮です(笑)。

まとめ

ちょっと気になる全国の雑煮について、いかがでしたでしょうか?

まさかこんなに違いがあるとは思わず、びっくりしてしまいました。特色のある雑煮の地域から別のところへ引っ越すと、お正月は故郷が恋しくなってしまいそうですね。

たまにはふるさとの味のお雑煮を、材料をお取り寄せして作って食べてみるのも楽しそうですね!

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です