新盆 初盆
四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆を新盆(にいぼん)や初盆(はつぼん)と言います。新盆を迎える事など余り無い経験ですので、いざとなると何をしていいか分からないこともあるでしょう。

初盆の簡単な流れやお寺さんを呼ぶ際の注意点、お布施の金額やのし袋の書き方、親族をお迎えする場合の服装など、新盆を迎える上での基礎知識を確認していきましょう。

スポンサードリンク

新盆とは?初盆との違いや時期・四十九日との関係は?

まず、お盆について確認しましょう。お盆というのは正式名称を盂蘭盆(うらぼん)と呼びます。一般的な慣習では、8月13日から16日までを「盆」としており、1年間でお盆期間のみご先祖様が還ってくるとされています。

元々は仏教の盂蘭盆(うらぼん)や盂蘭盆会(うらぼんえ)が元になって、独自の慣習として日本に根付いたものと考えられています。昔は旧暦の7月15日頃、つまり新暦の8月15日頃がお盆とされていましたが、一部の地域では新暦となった現在も7月15日頃にお盆を迎えるところもあり、7月15日頃と8月15日頃でお盆の時期は分かれているのが現状です。

そして、亡くなった身内の四十九日の忌明け後初めてのお盆を「初盆(はつぼん)」や「新盆(にいぼん)」と呼び、通常のお盆よりも手厚い供養を行います。

忌明け(きあけ)というのは、喪の期間が明けることを差しており、一般的には四十九日の法要を無事終えますと忌明けとなるとみなされています。

新盆と初盆の違い

忌明け後に初めて迎えるお盆を「初盆」「新盆」と呼んでいるだけなので、意味上の違いや宗派による違いなどは無く、地域毎に色々と呼び名があるようです。「初盆」は「はつぼん」の1パターンの読みしかありませんが、「新盆」は「にいぼん」「あらぼん」「しんぼん」などのように、地域ごとに複数の呼ばれ方をしています。

いずれにしても、「初」や「新」という言葉は「最初の」とか「初めての」という意味合いで使われているため、どちらの言葉を使っても問題ありません。家族や親戚で使われている言葉あれば、その言葉を使うということで問題ありません。

新盆と四十九日が一緒になったらどうする?

まず、四十九日の忌明け前後で初盆の時期が変わります。

四十九日の忌明け前に初盆を迎える場合、四十九日の法要が終わっていないということですので、法要を終えて忌明けとなった後の初めてのお盆が初盆と決められていることから、翌年のお盆が初盆とされます。

新盆と四十九日の忌明けがほぼ同時期になった場合は、基本的は菩提寺と相談することで解決できますが、費用もかかりますので、一緒くたに法要をおこなうケースも多いようです。

お盆の時期に行なわれる主な行事・お盆の行事

新暦の8月13日から16日が一般的にはお盆期間と言われていますが、一般的な流れは以下の通りです。
・8月13日 : 迎え火 先祖の霊を自宅に迎え入れるために焚かれる火のことを指します。
・お盆期間中 : 親族や一族皆でお墓を掃除し、お墓参りをおこないます。
・8月16日 : 送り火 お盆期間に帰ってきたご先祖様を現世からあの世にお戻しするために焚かれる火のことを指します。

その他、初盆の時期に準備すべきものは以下の通りです。
・精霊棚(しょうりょうだな)と盆棚(ぼんだな)を飾る。
・盆提灯(ぼんちょうちん)を飾る。白提灯でも可。
・菩提寺から僧侶を派遣して頂き、先祖供養の法要を行ないます。
※特に初盆・新盆の場合は念入りに手厚くおこないます。

なお、こちらは一般的なお盆の行事となりますので、あなたのお住まいの地域慣習があればそちらを優先して下さい。

宗派によっては、初盆でも何もしないという宗教もありますので、よく確認してから準備するようにしましょう。

スポンサードリンク

新盆の最低限のマナー|服装・お布施・お返し・提灯について

新盆に親族を迎え、僧侶をお呼びし法要をおこなう際のマナーや基礎知識を確認しましょう。

まず、新盆は義務ではありません。行わなくても何か問題があるわけではないのです。ただ、亡くなった身内が初めて家に帰ってくるので、丁寧にお迎えしたいものですよね。

ですから、親族だけでなく近しい知人や友人を招いて法要をおこなうご家庭は多いですし、新盆だけはそのように法要を開催するのが一般的です。

新盆の準備

新盆に限った話ではありませんが、仏壇や仏具の掃除はしっかり行いましょう。1年に1回のご先祖様をお迎えする期間ですからね。

お盆の入り、つまり13日頃には精霊棚(しょうりょうだな)を作って、お供え物をお供えします。
精霊棚の作り方画像引用元:本山智積院『生きる力

精霊棚の作り方は、地域や宗派によって微妙に異なる場合がありますので、菩提寺のお坊さんに伺いながら作ると良いでしょう。

次に、菩提寺から僧侶をお呼びし、お経をあげて頂きます。特に、初盆では精霊棚の前でお坊さんにお経をあげて頂くため、この時あげて頂くお経を「棚経」と呼びます。

お経が終われば、参会者の皆さんで会食をおこない、茶菓子などでもてなします。お坊さんにはお布施をお渡しします。

自宅で法要をおこなうことが難しい場合は、お寺でおこなわせて頂くこともできるようです。

新盆の白提灯

新盆の時は、白提灯を飾るのが慣習となります。昔はこれが一般的だったのですが、新盆の時しか使えずコスパが悪いため、最近は絵柄がついた提灯を用意して毎年使いまわせるようにされるご家庭も多いです。 お坊さんからそのようにアドバイスされる方もいらっしゃるようですよ。

ただ、これはお住まいの地域で風習や考え方の違いがり、また、親族のご意向もあるかと思いますので、一度相談されてから決める方が無難でしょう。

新盆で参会者をお迎えする際の服装

通常は喪服を着るのが常識ですし、一番無難です。 ただ、時期的に非常に暑いため、地味な服装をしていれば問題は無いでしょう。

ただし、これは他の皆さんがどうされるかを聞いた上で、なるべく全員の意向に合わせた方が良いです。特に、自分だけが普通の服装で、他の参会者が全員喪服ですと気まずいので、そのような場合は喪服を来ておくのが無難でしょう。

新盆でお坊さんに渡すお布施の金額と表書き

僧侶にお渡しするお布施の相場は、およそ1万円から3万円程度が一般的です。通常のお盆でお坊さんをお呼びする際は3,000円から1万円くらいで充分です。

金額については上記が一般的ではありますが、地域や宗教毎で考え方は様々ですので、一度確認しておく方が良いでしょう。

熨斗の表書きは「御布施」にしましょう。

棚経が終わった後、通常は会食をおこないますが、僧侶が辞退されるケースもあります。その際は「御膳料」としてお布施をお渡しするケースもあるようです。また、自宅にお坊さんをお招きして棚経して頂いた際は「御車代」を包む事もあるようです。

「御布施」に「御膳料」に「御車代」と3つもお渡しするのはさすがにおかしいと思いますので、どのような形でお布施をすれば良いか、事前にお坊さんに確認を取りましょう。

新盆のお返しは基本的に不要です

新盆に来て頂く方からは、盆提灯あるいは現金が贈られます。ですから、通常の感覚ですとお返しをしなければ、と思うかもしれませんが、一般的にはお返しは不要とされています。

その代わり、棚経が終わったら簡単な会食をおこない、おもてなしをしましょう。

ただ、ご近所様から、参加はされないものの「御供物」などを頂戴したケースでは、表書きに「志」と書いて引き出物をお返ししましょう。引き出物の品は、銘茶やタオル、石鹸などの実用品で充分です。

新盆の提灯はいつまで飾っておけば良い?

新盆の提灯は、基本的にはお盆の期間中ずっと飾っておきましょう。 お盆は13日から始まりますが、実際は12日の夜に提灯の灯りを頼りに故人の魂が家に寄られると考えられているため、お盆の前日の12日に組み立てをおこない、お盆が終わった日の16日に片付けるのが一般的です。

まとめ

新盆は故人が初めて家に帰ってくる一大イベントです。故人も慣れないため道に迷ってしまうかもしれません。しっかりと提灯を用意し、迎え火をたやさずお迎えしましょう。

また、法要時は参会者同士で故人を思い出しながら和やかに過ごせると良いですね。

最後の送り火を以って、故人をしっかりとお返しし、新盆を締めくくりましょう。

新盆関連の参考サイト

新盆の概要は以上となりますが、細かい取り決めや段取りなど、詳しく解説されたサイトをご案内します。必要な情報をピックアップしつつ、お坊さんに相談する材料を整理する感覚で活用してみて下さい。

初盆・新盆】服装・香典・お布施・金額・迎え方・お供え・見舞い/浄土真宗
精霊棚のイラストなど、分かりやすい情報が整理されています。施主の挨拶文の文例があるなど、親切なサイト。

初盆とは・新盆とは》初盆飾り/お供え/初盆の迎え方/準備/案内状/浄土真宗
初盆の行事について細かく解説されています。案内状の書き方など参考になる情報が多数。

新盆・初盆の迎え方
お迎えからお送りまで、やるべきことが日付毎に整理されていてとても分かりやすいサイトです。

精霊棚の祀り方
精霊棚の作り方が分かりやすく説明されています。

スポンサードリンク
この記事が役に立ったら、是非応援クリックをお願いします!

コメントはまだありません。

    • コメント頂きありがとうございます。
      まず、お母様そしてお父様のご冥福をお祈り申し上げます。

      さて、ご質問の件ですが、特殊なケースのため
      悩まれていらっしゃることと思います。

      考え方の方向性としては

      1.ご親族や親戚のご意向
      2.お寺さんのご意向
      3.ご本人のお気持ち

      この3つの立場で検討された上で、

      1.お母様の新盆のみをおこない、お父様の忌明けを静かに待つ
      2.お父様の繰り上げ四十九日と新盆と一緒におこなう
      3.お父様の忌明けまで新盆は迎えず、来年になってお二人の新盆を迎える

      このいずれにするかの最終判断について、
      お寺さんに相談されるのが良いかと思います。

      そもそも四十九日の期間は、
      仏教の考え方では、

      「御霊(みたま)があの世とこの世の間を彷徨い、
      今生の人生について振り返りをおこなっている」

      期間とされているため、
      まだあの世に旅立っていないとされています。

      一方、新盆では、去年にあの世に旅だった
      ご親族をこの世にお招きして一緒の時間を過ごすことが
      本来の主旨です。

      従って、それぞれは独立したものである
      という考え方が一般的です。

      つまり、

      既にあの世に旅立たれたお母様をこの世にお招きし、
      お母様の思い出話や、お好きだったお菓子などを食べたりして
      みんなで楽しく過ごすことで供養させて頂く、という新盆。

      一方、

      お父様は亡くなられてまだ四十九日が経過していないため、
      子孫は静かに厳かに過ごすことで、
      お父様が子孫に対して心配をせず、
      安心してあの世に旅立ってもらうことができる。
      そんな意味もあって、四十九日は静かに過ごすもの、
      という考え方もあります。

      ですから、お母様とお父様のそれぞれの状態に応じて
      子孫や親戚の皆さんがきちんと思いやりを持って対応されれば、
      それで良いのではないかと思います。

      ただ、親族や親戚の中には

      「四十九日の期間中に新盆をしたら、
      お父様があの世に行けずに
      こっちに残り続けてしまうのではないか?」

      など、心配をされる方もいらっしゃるかもしれません。
      これは考え方の違いですので仕方がないことかと思います。

      一方、

      「四十九日の期間にお母様があの世から帰ってこられたら、
      お父様と再開されて、一緒に再開を喜び合って、
      最後は一緒に天国に召されるかもしれないね。」

      という素敵な考え方もできるかもしれません。

      ですから、皆さんの立場や状況を検討された上で、
      最後はお寺さんに相談されるのが最も良い選択かと思います。

      以上、アドバイスになっているか不安ですが
      ご参考頂けたらと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です